OQTに向けて・・・ 投票も受付中!
こんにちは。

バレブロでは、更新の際、その時期に合わせた投票イベントを実施しています。
お暇なときにでも、是非投票して下さい^^ 世界最終予選を盛り上げましょう!

盛り上げるべく、投票をする!!

↑PCビューアー以外の方向け(PCからご覧の方はサイドバーよりどうぞ♪)

しかし、感慨深いのは、約8年前。。。柳本監督時代のスタメンバレーの時は、明らかに人選で?な部分がありましたが、真鍋ジャパンになってからは、センターぞろぞろや突然の追加選手など、不可解な選出はないこと。

とはいえ、管理人が2012~2014WGPまでを中心に昨年のメンバーも加えて思い描いていたベストメンバーは以下の通り。

S:中道、宮下
WS:木村、新鍋、江畑、古賀、石井、長岡
MB:荒木、岩坂、島村
L:佐野

岩坂は賛否両論あるかもしれませんが、やはり高さという点で他にはない強みですから、いてほしいかな、と。後は彼女の攻撃面、横の移動の面でのスケールアップを望みますが。

新鍋は本当に全日本チーム内で何かあったとしか思えない。普通なら選出されてしかるべき選手ですからね。

佐野は2014WGPになぜ復帰したのか??あそこで戻るなら、そのままリオまでは在籍してほしかったですよね!

と、ロンドン以降の話も織り交ぜつつ、気長にブログしていきます^^

特に2012~2015はほぼほぼTwitterでポロポロつぶやいていただけなので^^;

2012~2015を総合して、皆さんの思うベストメンバーを教えて頂けたら嬉しいです♪

ではでは。。。

あ、最後に昨日の親善試合を終えての真鍋監督のコメント等は下記よりどうぞ。

https://www.jva.or.jp/index.php/topics/20160424-1

S1では、「第2セットのデュースを取りきれなかったのが。。。今日は勝負強い選手がいなかったですねえ。」とのこと。
とはいいつつ、今年初陣、かつ全く新しいスタメンでの中国戦だったことを考えると、思っていたよりも良い出来だったように思ったのは私が甘々だからでしょうか?^^; それより、真鍋さん、五輪イヤーのこの時期にメンバーほぼ固まってない方が視聴者含め、不安をあおっているような・・・・? ま、4年前は固まりすぎて、逆にOQTで辛酸をなめさせられるところだったので、これくらい緊張感、焦りがあった方がいいのかもしれないですけどね。

後、古藤はもうフェードアウトなのでしょうか?所属チームの久光でもFinal6の後半からベンチになってましたが、、、コンディション不良なのでしょうか。どちらにしてもOQTメンバー候補20名に入ってませんから、もし戻るとしてもWGPからでしょうけど。。。

予想以上に田代がフィットしているように感じたので、古藤が戻るというのも考えにくいですけどね。。その辺どうなんだろう―


バルでした~^^/


にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ










[2016/04/24 14:02] | 全日本女子 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<04/24のツイートまとめ | ホーム | 04/23のツイートまとめ>>
コメント
初めまして(o^^o)

中国遠征は残念でしたね…
ほぼベストメンバーで挑んだ最終戦も中国の1.5軍に惨敗ですし、ロンドン後まったく進化してないように感じてます😭

私的に田代選手は思ってたより良かった感じです!
ただ宮下選手は相変わらずの不安定トスで成長なし。
レシーブでは日本トップクラスなのは間違いないですが一番大事なトスがこれでは正直どうなのと思ってます…
トスに関しては田代佐藤美が頭一つ上かなと。
でもやっぱり竹下選手がすごすぎてどうもパッとしませんね

リベロもイタリアと同じで平均してうまい選手が多いのですが突出した選手がいない。

現状どのポジションもスタメンが約束された選手がいませんよね…

OQT敗退の可能性もかなりあると思います。
[2016/04/29 14:32] URL | トンツン #- [ 編集 ]
トンツンさん
コメ有難うございます。

そうですね。。。
OQT決して楽観できないのは確かだと思います。

とはいえ、中国は、第3戦での1.5軍(ケイジャッキ、ヨウクンセイ、OP等の上積み)でも、現状世界No.1、2を争うチーム。今の日本のメンバー、完成度では本気でやりあって、勝ち星を期待する方が野暮な気もします。(そう言い切るのも悔しいけど・・・)

第3戦の第3セットに唯一戦術としては光明が見られたと思いますし、あと2週間どこまで完成度を上げられるかですね。

結局、高さに劣る日本は、ライトにOP、両レフトにレセプションアタッカーという形では、世界のトップとの差は埋まらないというのを個人的に垣間見た親善試合だった気もします。

OQTに向けては、やはりレセプションはもう少し安定させたいですし、ブロックとディグの関係を向上させてほしい。シュテイとかは、ほぼ日本のブロック関係ないですけど、かといって、全部が全部最高打点ではないですしね。

リベロ・セッターは本当悩みどころですよね。竹下・佐野の安定感にかなう選手が現状いないということです。でもここまで来たら、当然いるメンバーでやるしかない。

正直ファンとしては、一つ確実な「形」を全日本チームとして持ってほしいですね。
[2016/04/30 02:09] URL | バル #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://volleyinformation.blog130.fc2.com/tb.php/322-1ad1a350
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |