スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
全日本女子 対戦国研究 モントルーバレーマスターズ ~ロシア~
1: BORODAKOVA Maria
2: DUSKRYADCHENKO Maria
3: FATEEVA Olga
4: GONCHAROVA Nataliya
5: KABESHOVA Ekaterina
6: KOSHELEVA Tatiana
7: KRYUCHKOVA Svetlana
8: MAKAROVA Anna
9: MERKULOVA Yulia
10: MURTAZAEVA Elena
11: NAUMOVA Ksenia
12: PISARENKO Daria
13: SAZIHNA Olga
14: STARTSEVA Evgeniya
15: ULYAKINA Vera
16: KRIVETS Ekaterina
17: MALOFEEVA Liudmila
18: MOROZ Regina
19: SAZIHNA Olga


以上がモントルーロシア代表メンバー19名です。

ガモワは入っていないようですね。

大体、ロシアチームは毎年大きな大会以外に超エース級は絶対送り込みませんから、
まあ、1.5軍くらいのメンバーでしょうか。

ただ、その中でも6番のコシェレワ選手は要注意ですね。
昨年のWGPでも大活躍で、苦しめられました。間違いなく得点源になるはず。

後は去年のメンバーで言えば、8番マカロワ選手、11番のナウモワ選手、3番ファテエワ選手がサイドスタメン候補でしょうか。
ロシアはホントこういう大会にはあまり本気モードではないので、新選手続々の可能性大です。

センターラインには、1番ボロダコワと9番メルクロワでほぼ決まりか。←4年前の世界選手権のときと同じですが。

ガモワ、あと今期からまた復帰だといわれているソコロワ選手が戻ると、やはり恐ろしいチームに。

ここで叩いておいて、ロシアに対して苦手意識を潰しておくのもいいんですがね~。。。
厳しいでしょうか。

ちなみに↓はロシアの攻撃の軸でみあり、守備の軸にもなるソコロワ選手のプレーシーン。
個人的に好きな選手のうちの1人ですね。打てて守れて動けて、ってロシアにいない!!



世界選手権では1次ラウンドを通過すれば、日本が2次ラウンドで確実に当たることになるロシア。
また、世界選手権の予選スケジュールなどもアップしますね^^

モントルーでは、コシェレワ以下サイドメンバーのデータを収集する試合だという位置づけでもいいかもしれませんね。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

↑ご協力、ホントにありがとうございますm(__)m




スポンサーサイト
[2010/05/23 15:47] | 国際女子 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
全日本女子対戦国研究 モントルーバレーマスターズ ~アメリカ~
1: NNAMANI Ogonna
2: RICHARDS, Kristin
3: HARMOTTO Christa
4: PRESSEY Angela
5: MIYASHIRO Tamari
6: DAVIS Nicole
7: COLLYMORE Jill
8: BARBOZA Cynthia
9: TAMAS Jennifer
10: GLASS Kimberly
11: MCGINNIS Angela
12: HOOKER Destinee
13: CRIMES Alexis
14: FAWCETT Nicole
15: THOMPSON Courtney
16: AKINRADEWO Foluke
17: SPICER Mary
18: HODGE Megan
19: WEAVER Cheryl


以上が、モントルーバレーマスターズのアメリカ代表メンバーです。

北京五輪銀メダルメンバーのスコット、バウン、ハニーフ、トム、バーグ、オーモーサントス、シコラなどは顔を揃えず、新世代を担う選手層になっています。

特に要注意なのが、郎平監督に鍛え上げられたであろう、10番グラース選手。この選手は北京メンバーの一人でしたね。彼女の決定力は当然怖いですし、おそらくこのチームの中心になるか。スパイク到達314cm、ブロック到達301cmと高いのでこれまた恐ろしいサイドアタッカー。1番のナマニ選手も郎平ファミリーでしたかね?

で、個人的に楽しみなのは2番、リチャーズ選手→公式写真
RICHARDS.jpg


彼女は確か2005年のWGP(ワールドグランプリ)に出場していたはず。
その後も代表に選ばれてはいますが、管理人個人的にプレーを見るのは久しぶりすぎる!(・・・見れたらの話ですが)
スパイクのキレが良かった記憶があって、いい選手だったような^^

後は、東レで活躍したバルボッサ選手。彼女もメンバー入りしていますね。

あ、そうそうアキンラデフォ選手→こちら(写真なし)

前から気になっていたのですが、
ホントにスパイク到達点351cmもあるの!?315cmの間違いですよね!?笑

そこまで脅威のあるチームには感じないのですが、どうでしょう。

アメリカはやっぱトム、スコットあってのチームじゃないかな、という印象だったので、彼女らを含むベテラン勢が抜けるとかなり戦力ダウンします。(裏を返せば、ベテラン勢が戻れば超~厄介な国であることは間違いないですね。)

なので、ある程度堅いメンバー(http://volleyinformation.blog130.fc2.com/blog-entry-213.htmlで紹介したAパターン)ならば、ぼろ負けはしないと思われます。ただ、せっかくのモントルーなので、いろんな選手を試しながら、どの攻撃なら通るか、どのスピードなら通るか、実践して欲しいですね。

でも新選出組も多いので、勝つことで自信につながる意味でも、ここできっちり勝つってのも一つの手かな。
遠征メンバー内でのガチメンでいくのもありかも!?

ん?アメリカ5番の選手、MIYASHIRO Tamari となっていますが、日系??




■追記■

投票コーナーのお知らせです。

おかげさまで、皆様のご協力により50票以上もの票数を頂きました。
本日より6/7までを投票実施期間にしまして、結果は未表示にさせてもらっています。
おそらく、期間を過ぎたらまたオープンにすると思いますので楽しみにしていてください♪

現時点での1位は迫田さおり選手の19票、追って2位は山本愛選手の14票です。

果たしてどの選手が期待度1位に輝くのか!?

引き続き皆様の投票、お待ちしておりますm(__)m






人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

↑皆さんのご協力感謝してます!!



[2010/05/23 01:25] | 国際女子 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
モントルーバレーマスターズ 出場国
6/8~6/13までの期間に行われる、国際試合の幕開けといっても良い、


モントルーバレーマスターズ

に日本も例年通り参戦。前回記事http://volleyinformation.blog130.fc2.com/blog-entry-213.htmlの遠征メンバーで戦います。

日本はPoolAに入り、予選Rを行います。各Poolごとの出場国は以下のとおり。

PoolA
日本
ドイツ
ロシア
アメリカ

PoolB
中国
キューバ
オランダ
ポーランド


このような組み合わせになっており、各Pool上位2チームが1-4位決定戦ラウンドへ。下位2チームが5-7位決定戦ラウンドへ。

この大会ではホント順位とかどうでもいいので、こういった大会でしかできないメンバーだとか、
新たな戦術を試す大会、という位置づけですね。

ちなみに日本の対戦スケジュールは。。。

6/8 ×アメリカ
6/9 ×ロシア
6/10 ×ドイツ


まあ、お試しメンバーで行くなら負けるかな~という感じですね^^;

特にドイツはほぼメンバー据え置き(予想)なので、ロシアよりも厳しいかと。

また、夜にでも各国メンバーとともに日本戦を想定しながら(グダグダになると思います笑)、妄想しますね^^

あ、そうそう前回記事http://volleyinformation.blog130.fc2.com/blog-entry-213.htmlで投票期限を5月待つといってましたが、もう末ですよね(笑)

この記事更新現在で、何と43件もの投票数を頂きました。ありがとうございますm(__)m


そこで!

投票数5055に到達しだい、投票結果を未表示にして、モントルー直前に結果発表します☆

楽しみにしていてくださいね♪(私も非常に楽しみです^^)
引き続き、投票(コメント)のご協力よろしくお願いします!!


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

皆様のご協力、感謝しておりますm(__)m

[2010/05/22 15:25] | 国際女子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
キムヨンギョン特集 ~JTへ移籍する韓国史上初のバレーボーラー~
今期、日本のJTマーヴェラスに移籍が決まっている韓国のキムヨンギョン選手。結構、検索している方もいらっしゃるのでYOUTUBEの力を借りて、彼女のプレーを特集。

ってか、今年のJTは、確か山本選手(旧姓:大友)、今年のWGPでブレイク、坂下選手、武富士が廃部になり、移籍先を探していた、全日本女子候補の石川選手、同じく全日本で選ばれた谷口選手・・・とかなり豪華な面々になってまいりましたね^^;

動画の前に基本情報。

キム・ヨンギョン(金 軟景、김연경、1988年2月26日 - )は、ソウル出身の韓国の女子バレーボール選手。韓国Vリーグの興国生命に所属している。

高校卒業後、2005年に興国生命ピンクスパイダーズに入団した。2005-06年韓国Vリーグではチームの優勝に貢献し、MVPと新人賞を獲得した。また2005年に17歳で韓国代表に選出され、同年ワールドグランドチャンピオンズカップでは、アタック得点で全選手中3位の成績を修める活躍をした。

2006-07年韓国Vリーグも優勝を果たした。2007-08年韓国Vリーグは優勝は逃したものの歴代最高のスパイク決定率である47.59%を記録し3年連続でスパイク賞を受賞した。

身長が190cmと長身で細身の身体からキレのあるスパイクを打つ、長身だがレシーブも得意である。その理由は中学のときにレシーブの練習をしっかりとやっていたためである。
時間差攻撃や平行トスなども打ち、動きがとても機敏である。
韓国国内では“100年に1人の逸材”と称され国際大会でも結果を残している。
2005年ワールドグランドチャンピオンズカップの日本戦で敗れた後のインタビューで「日本は強いと聞いていたけれど、力はそう違わないと感じました。次は是非勝ちたいです」と発言。
2007年ワールドカップの日本戦前のインタビューで「日本だけじゃなくどことやっても勝つ自信はある」と発言。しかし日本に敗れ対戦成績を10連敗とした。
2009年、初めての地元開催となった日韓トップマッチで優勝に貢献し自身もMVPに輝くなど活躍した。また韓国リーグでも優勝に貢献した。同年5月、日本のVプレミアリーグのJTマーヴェラス入団が発表され、韓国側としては 初 となる海外移籍選手となった。

以上、Wikipediaより。



動画は、結構前なのかもしれませんが、韓国のプロリーグでのキムヨンギョン選手の活躍シーンを集めたもののようです。




キムヨンギョンがどうはおいておいて、韓国語で「ダイレクト!」は「ダイレクト!」なのにちょっとびっくりした^^


そうそう、ヨンギョンですね。ヨンギョンは滞空力があるのか、フワッと浮いて腕の振りも余裕を持って打ち切っている印象ですね。他の選手にはない独特なうち方ではないでしょうか。しかも、ブロックがよく見えているのか、ブロックの脇を抜いたり、間を抜くのが非常に上手い。感心するような場面も多くあります。韓国はキムヨンギョンマーク!!と世界が認識している中での決定力ですから、凄い選手なんじゃないか、と思います。

アジア選手権でも立ちはだかること間違いなしでしょうね^^;

↓こちらは8/8の日韓戦の模様



韓国はもうヨンギョン、ヨンギョン・・・ですが、それでも決定できるのが強みか。ここにセンターチョンデヨン、セッターキムサネら復帰すると、ちょっと怖いかなぁ、とも思ったりしますが、その時は日本ももっとコンビ合ってきているでしょうから、心配はしていませんが^^;

にしても、フジは木村選手には天然コメント引き出そうと躍起ですね笑あと、バレー親分って何なんだ笑

このヨンギョンがJTに。楽しみですね~^^

>>人気ブログランキング<<

>>ブログ村ランキング<<


VOLLEYBALL (バレーボール) 2009年 09月号 [雑誌]

日本文化出版

このアイテムの詳細を見る


Spike The Best バレーボール ワールドカップ ~ヴィーナス エボリューション~

スパイク

このアイテムの詳細を見る






[2009/08/30 12:29] | 国際女子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ベルガモ、荒木との契約更新せず
まずは、こちらの記事を。

昨シーズン、イタリアセリエA1のトップチームであるベルガモと契約していた、全日本女子新キャプテンの荒木選手。

今シーズン、ベルガモが契約更新しない方針を固めたようです。

・・・しかたないですかねぇ。正直コミュニケーションの段階で、トップチームに所属するのは厳しかった上に、ほとんどがイタリア人。セッターもエースもミドルブロッカーも。しかも回りはイタリアナショナルチームに所属しているようなトップの選手ばっかり。さすがに1年で結果を残すのは厳しかったんじゃないかな。センター争いはアリゲッティ選手にとられた形になってはいますが、そもそも、ていうかわざわざベルガモにしないで、センターラインの薄いところを狙っていった方がいいですよね。1年で大分雰囲気つかんだでしょうし、記事内にもあるように、イタリアでのチーム探しをしている様子。逆に、センター人材難の下位に沈んでいるチームがあれば、そこで私が引き上げてやろうじゃないの!!ってな位の方が、出場機会も増えるし、もっとプラスになるんじゃないかな、と。

まずは試合に出場しないことには、ね。

所属チームである東レは、どう言ってるんですかね??まあ、08-09シーズンは、荒木抜きでV2連覇・黒鷲優勝と、これ以上ない結果になったので・・・。微妙な感じですよね^^; もちろん、荒木が戻ればチームの底上げになるのは間違いないので、帰ってきてほしいでしょうけれども。


あ、全日本女子おそらく明日から3連戦で、ドイツとの親善試合を行うようです。誰を使うのか、また結果はどうなるのか・・・。分かり次第アップできたらな、と思っています。セッター誰でいくのか、気になりますね!


人気のブログはもちろん→ここ←で!!
[2009/06/04 02:19] | 国際女子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。