スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
W杯 男子大会 10日目・最終日 日本戦結果 =格上相手に堂々勝負、この形を常に意地すべし!=
日本1(25-22 20-25 20-25 20-25)3ブルガリア

日本1(25-23 21-25 19-25 18-25)3ブラジル

昨日、更新できずすみませんでした…。

今日触れるべきポイントは一つですね。

何なの!?あの第4セットのミスは!!

誰のせいなんですか…?バレーのプレー経験のある方にお聞きしたいです。監督?コーチ?副審?主審?ブラジル戦でしかも、7-2、完全に日本に流れがあるあの時に、且つ日本のホーム・・・。どう考えてもあれはないでしょう!!
選手達が可愛そうすぎます…。せっかくブラジルをフルセットに追い詰めるチャンスだったのに…。

何だ!?このもやもや感はぁぁぁぁぁぁっ!!

しっかし、何であのプレーをチュニジア戦から展開できないかねぇ。アメリカ→ブルガリア→ブラジルの3連戦の戦いが出来ていればチュニジア・オーストラリア・プエルトリコ・スペインには勝てていたかもしれません。まずチュニジアには負けてませんよ。

やはり最終予選までの課題は、選手個人個人はもちろん、チームとしてのムラをなくすこと。終盤に入って、宇佐美のトスが冴えていたと思います。“希望”…まだ捨てないでおきましょうね!!

また明日になるかもしれませんが、男女とも、今大会の総括をしたいなあ、と思っています。そのときに男子の最終順位や個人賞なども書きたいと思います。それでは。


人気blogランキング
ブログ村ランキング
スポンサーサイト
[2007/12/02 23:31] | 男子ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。