スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
モントルーバレーマスターズ 初戦 ×キューバ
日本スタメン:河合、石田、木村、狩野、石川、井上、濱口

キューバスタメン:サントス、カルデロン、カルカセス、カリーヨ、シリエ、シルバ、アレドント
日本0(26-28、22-25、25-27)3キューバ・・・つかキューバのメンバー、ガチガチじゃないっすか!シリバ→サンチェスの交替もあったので、ルイザとラミレス抜けた北京組の残党みたいなメンバー(笑)
それに対し日本は木村は入ってるものの、それ以外は国際経験に乏しい面子。井上、狩野、濱口。3年振り復帰の石川と、大丈夫なのか?と心配になりましたが、序盤、思ってたよりも河合のトス配球が良く、バックアタックにライトへの平行、クイック飛ばしてのレフトへの時間差など、なかなか魅せてくれました。サーブレシーブは、狩野、木村、濱口が基本的にこなし、石田も入ってたんでしょうか?映像がかなり遠めで分かりにくかったです^^; またキューバも本気モードでは全然なく、スパイクホームランはしてくれたりしてチャンスをくれましたが、やはりキューバのスパイクに対するレシーブの位置取りや、ブロックフォローなど、確実に拾えるであろう、拾いたいボールが上がらなかったですね。要所でのサーブミスも頻発。また、試合が進むにしたがって徐々にではありますが、河合のトスがぶれてしまいました。これは目をつむって見守るしかないですねぇ。ちょっと虚しかったのは、せっかく3枚ブロック飛びにいっても、ことごとく上からスパイク打たれたことですね。これはセンター陣始め、ワンチでいいから取れる位までは飛べる段階に行ってほしい・
・・。ちなみに途中交替は、石田→森、石田・河合→竹下・栗原、前衛でワンポイントブロッカーで荒木など

ずらずら書いてても収拾つかないんで、以下良かった点、気になった点に分けて書いていきます。

良い点
●セットの終盤、石田・河合に替え、竹下・栗原を投入。効果的な二枚替えがやっと垣間見れた。
●Bキャッチからでも何とかクイックなどのコンビにつなげようという努力が見える。
●チーム作りの段階なので、声をかけあったり、笑顔でコミュニケーションしており、チームの雰囲気が良い。
●クイックに対し、二枚ブロックがつけた。柳本JAPANではありえなかった、称賛すべき点じゃないでしょうか?
●レフトオープンに対し、可能な限り3枚飛びに行くようにしている。
●狩野、木村のサーブがなかなか良い。
●サブにきちんと控えがいる、というこの当たり前の安心感。


気になった点
●要所でのサーブミスが目立った。(特に第3セットの森、終盤の木村)
●ブロックフォローにちゃんと入れていない。
●せっかくチャンスボールにできそうなボールを、逆に相手にチャンスボールとして返してしまう場面が見られた。
●二枚替えは非常に良いが、その後の竹下のトスが栗原栗原栗原と偏ったりして、センターラインが効果的に機能できていない。
●キューバが高すぎるだけかもしれないが、レフトオープンにせっかく3枚ブロックついても、大抵上から長いコースを打たれてしまった。
●肝心なところでのキャッチミス
●スタメン全員がフローターサーブ。控えの栗原はジャンプサーブを打ってくれるが、全員フローターだけっていうのが、少しバリエーションに欠けるかなぁ・・・

多分録画を見直したらまた出てくるかと思いますが、何せ人生全日本で、なおかつ若手メンバー中心での初戦。完璧な方が後々怖いかもしれません。
とにかく、ディフェンス面の強化が必須ですね。練習だけではさすがに限界があるでしょうし、こうした試合を通して、より実践的にどこにレシーブを位置取ればよいのか、ブロックの飛ぶ位置取りなどをつかむ絶好のチャンスです^^
特に濱口選手や狩野選手など、レシーブの要になりうる選手を中心に、チームとしてディフェンス力を上げてもらいたいですね。

またもう少しセンターを使っていきたいですね。まだまだ河合とのコンビが合ってないのかもしれませんが、サイドを活かすためにも、頑張ってもらいたい。竹下→河合に変わってセンター線の使い方ではっきりしたのは、河合の方がクイックもブロードと同じかそれ以上使っているような感じです。後はよりスピーディなクイック、ワンレッグ、ブロードを使っていけるとかなりいい感じになるんじゃないかな?と期待できます。

いや~、しかし柳本体制に見慣れてしまっていた分、凄く新鮮ですね!見ていて楽しいバレーをしてくれる気がします。
来年、再来年と進むにつれ、楽しいバレーとは言ってられなくなるかもしれませんが、今はチーム作りの段階ですし、コミュニケーションを図ることが優先です。そうすることで上がるボールも増えるはず。ただナァナァになってしまわないよう、締めるとこでは締めて、いい緊張感を持って取り組んでほしいです。しかし富永・小山選手の姿が見当たらなかったですね。二枚替えの際、小山も使ってみてほしいんで、ちょっと残念(^_^;)結果はストレート負けでしたが、見えない自滅といいますか、改善すべき点が今は明白なので、頑張ってほしいですね^^

皆さんの気付いたことや、期待できる点など、教えて頂ければ幸いです。

また更新しますね!

PS:携帯からの投稿なので、見辛かったらすみません!
また、コメント下さってる方、お返事できずですみません。本文でいっぱいいっぱいな面もありまして、時間がある時にはできるだけお返事したいのですが、できない時もございます。ご容赦くださいますようよろしくお願いしますm(_ _)m
[2009/06/10 04:25] | 全日本女子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<モントルーバレーマスターズ 第2戦 ×オランダ  | ホーム | モントルー開幕!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://volleyinformation.blog130.fc2.com/tb.php/113-cdc7caaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。