モントルーバレーマスターズ 第2戦 ×オランダ 
日本 0(22-25 23-25 22-25)3 オランダ

日本スタメン:竹下(←え?)、狩野、栗原、木村、井上、庄司、佐野

オランダスタメン:キム、フリール、ハイーネ、グロトゥス、フェンシンク、デラクイフ、ファンティエネン

う~ん・・・竹下スタメン、リベロ佐野、サイドが北京組の時点で、第1セットを落とすのは痛すぎる。何だろう、竹下のトスが頼りなかった・・・と思っちゃったのは管理人だけでしょうか?トスが伸びきらず、短くなってアタッカーが打ち切れない、ストレートに切れないシーンが続き、無理に上げてそこにアタッカーが入りきれずに、被ってしまったり。。。

なぜこの段階でこのスタメンにしたんでしょうか??竹下はいやっちゅうほど国際試合経験してんだから、基本は練習であわせて、後は途中交代でいけばいい。河合、富永を使うのがこのヨーロッパ遠征の目的じゃなかったでしたっけ??セッターが竹下だっただけにストレスたまる展開でしたね~・・・。

セットが進むにしたがって、木村へのサーブ集中攻撃で、これまたどうしたのよ!?ってくらい木村が崩されてましたね。しかし、皮肉なことに狩野・栗原を森、石田に変え、低身長になったにもかかわらず、後半の方がブロックがよかったっていう(笑)で、逆に栗原・狩野がサーブキャッチ離れたことで、木村のサーブレシーブの負担が大きくなりましたかね。ん~・・・複雑だorz

そうそう、真鍋監督もう少し元気出してほしいですよね。セット間はコーチ含め、指示している印象はないこともなかったですが、タイムアウト時に何の指示もないのは、例の監督のときと同じじゃないか!まずはレシーブの位置取り、あとフェイントフォロー!!今日は序盤にフェイントに対応できず、流れ失ってしまった感じがあります。

まだまだ始まったばっかり。でも、北京組+庄司の柳本JAPAN経験者が5名もコート上にスタメンで入りながらのストレート負けはやっぱりいかがなものかと。

石田選手、森選手は流れを変えるような働きをしたと思います。ブロックですとか、石田に関してはナイスコースのスパイクやバックアタックもありましたが、ここ!っていうところでの判断ミスとか、打ち切ってほしいところで弱気にスパイク打って、ブロックされる、などまだまだチームがチームとしてできてないのかな、と。杉山明美さん曰く「チームに遠慮がまだある」と。この遠慮を払って、竹下にトスの注文をつけるとか、レシーブの位置取りを確認しあうなどのお互いをぶつけ合うことができれば、よりいいチームになるはず。

前向きに考えれば、チーム作ったばっかでトスも合わない、サーブレシーブが崩れ、レシーブ陣形にも問題があるっていうチームがキューバ、オランダとストレート負けではあるものの、20点超えての勝負ができているのは明るい材料でしょうか??悲観的に見ると、各国力抜いてるわけで・・・。

今日は昨日よりも雰囲気がおとなしかったですね。笑顔が足りない(?)というか、声もあんまり元気じゃないというか。せっかくフレッシュな顔ぶれなわけですから、栗原・木村がひっぱって得点できないのなら、すぱっと新人入れたり、あるいは小山を入れて活気を出させる、とか。そういや、今日は小山と荒木が見えませんでしたね。小山は2日連続見れてません。怪我でもしたんでしょうか??

さて、あさってのイタリア戦ですが、やはり河合か富永スタメンで行きましょうよ、眞鍋さん。竹下入れて勝てない、つかセットも取れないのは痛すぎる。で、ここまで出番のない荒木や小山を入れてもっかいチームに覇気を!!サイドには狩野、栗原、木村、石田をとっかえひっかえで。リベロは今日見てやはり佐野選手が頼りになることがはっきりしましたが、特にモントルーで積極的に使うこともないので、濱口選手に経験させてほしいですが。。。

勝敗はともかく、せめて1セット、がんばって取ってほしいですね^^


人気のブログはもちろん→ここ←で!!
[2009/06/11 01:55] | 全日本女子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<モントルーバレーマスターズ 第3戦 ×イタリア | ホーム | モントルーバレーマスターズ 初戦 ×キューバ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://volleyinformation.blog130.fc2.com/tb.php/114-4a57868a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |