スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
バレーボール ワールドグランプリ ポーランドR ×オランダ ~スタッツから分析~
オランダ 3(25-13 25-19 25-20)0 日本

■アタック決定率
日本:25.40%(坂下:11/36 36.11% 木村:5/29 17.24% 栗原:3/25 12.00% 荒木:7/16 43.75% 庄司:3/11 27.27%etc...)

オランダ:40.87%(ハイーネ:17/30 56.67% フールマン:10/19 52.63% フリール:11/22 50% グロットヒュース:4/25 16% ヴェンシンク:3/13 25.17%)

■ブロック決定本数
日本:6(荒木:2 庄司:2 木村:1 竹下:1)
オランダ:11(ヴェンシンク:3 フールマン:3 キム:2 グロットヒュース:2 フリール:1)

■レセプション率
日本:42.03%(木村:13/36 36.11%etc...)

オランダ:34.00%(ハイーネ:9/16 ファンティエネン:6/15 グロットヒュース:5/17etc...)


ん~、、、初戦、日本はスタメンに岡野選手をファーストセッターにして、ライト(オポジット)の位置に坂下を持ってきました。両レフトは木村・栗原。センターに荒木・庄司。リベロに佐野。正直、岡野選手・坂下選手以外はベテラン域あるいは全日本経験者ということで、ベストメンバーではないとはいえ、結局それは岡野→竹下、坂下→狩野であって、結果論から言えば、今日は坂下がデータがない分、活躍できましたから、岡野以外はベストメンバーだったといってもおかしくないでしょう。

結果、第1セットが13-25、第2セットが19-25.決して褒められる試合ではありませんでした。まず、スタッツから見るとサーブレシーブ。率自体は日本のほうがわずかに上回った格好になりましたが、試合を見る限り崩されていたのは日本だったのではないか、と。そして注目すべきは、木村の受け数の多さ。なんとチームの半数以上を木村が受けたことになります。(日本のレセプション数は69。)反面、オランダはサーブレシーブの中心の3名が均等に分散しています。この辺りに、まず差があるかもしれません。ここまで木村が狙われるということは、日本は木村が崩れたら何にもないよ、というチームであると認識されたも同然。栗原が前だろうがなんだろうが、木村さえ崩せばどうにかなる。

そして一番目を覆いたくなるのはアタック決定率。第1セットはもう見ていられないくらいのできの悪さ。あそこまで決まらないと、かえって気持ちいいくらいの決定率。もちろん、日本が悪い、という前にオランダの粘り強いディグもすばらしかったですし、フェイントフォローもかなり上がってましたし、レシーブの点で日本が負けたといってもいい。まあ、オランダはほぼ同メンバーでチームを作ってますし、一昨年のワールドグランプリでは優勝もしています。弱いわけがないのですが・・・。

まだまだ、レシーブの面で不安定さがある日本。それが、ブロックとの関係によるものなのか、あるいはレシーブ隊形によるものなのか。。。
また、眞鍋体制になってから、3枚ブロックに猛進していますが、何でもかんでも3枚レシーブに飛びに行けばよい、というのではなく、状況を見ながら2枚で飛ぶべきところは2枚で、勝負をかけるとき、ストレスをかける時にのみ3枚でいくべきじゃないかな~、と思うんですが、これは素人目線でしょうか。ブロックに力を入れているのは分かって、凄く評価はしたいのですが、いかんせん「フェイント」にやられすぎです。今まで慣れないことをしていることで、まだまだ体がついていかないところもあるとは思いますが、修正の余地がある。
というか、背の小さな国よりも背の大きな国のほうがレシーブうまい、って悲しすぎませんか??もちろん、それにはブロックとの関連が関係してくるのだとは思うのですが。。。

第3セットも調子の上がらん栗原を下げ、狩野をいれ、岡野を下げ竹下を入れるも結局目立ったのは坂下の動きだけ。それなら岡野でいけばよかった、という話です。まあ、これは結果論になっちゃうのでなんともいえませんが、センター陣の動きがもっと良くならないと、今の日本のサイドは不安定なので困ります。荒木・庄司にもっとボールが集まるようにしたい。←コンビなども含めてですが。そのためにはサーブキャッチ。ってまた言っちゃいましたね。Bキャッチからでもコンビを使えるようにしたいんですけど、今日のを見る限りじゃあAキャッチでもなかなか早い攻撃らしい攻撃を見れてないような気がするんですよね。。。大丈夫なんでしょうか??

後気になったのは、全員の体が何か重そうでしたね。坂下選手、途中出場の山口選手は比較的軽そうでしたが、遠征組がどこかぴりっとしない。疲れが出ているんでしょうか。ん~、でもそれはオランダほか、海外チームも一緒なので文句は言ってられません。
皆さん、どのようにご覧になられましたか??

また、後ほど他国の結果等アップしたいと考えています。なんと、タイがフルセットでポーランドを破ったそうで。怖い怖い・・・。


人気のブログはもちろん→ここ←から!!

 

[2009/08/01 18:31] | 全日本女子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<バレーボール ワールドグランプリ第1週 初日 結果一覧 | ホーム | 試験終了!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://volleyinformation.blog130.fc2.com/tb.php/144-40798831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。