スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ワールドグランプリ ポーランドR 第3日 ×ポーランド =3連敗で大阪Rへ=
日本 0(20-25 26-24 27-25)3 ポーランド



・・・。何なんですかね~、この感じ。あえて言うなら、今の日本は勝負弱すぎるのでしょうか。ここぞ、という時にはミス、あるいは決定力が著しく減退。しかし、相手にはここぞというところでやられる。

しかも、今日は北京組5名をすべて投入してのストレート負け。これは「慣れていないから」とか、「まだまだチーム作りの段階だから」っていう言い訳は内輪ではできても、世間では通らないでしょう、どう考えても。

いいところは確かに随所には見られます。ブロックにしても、コンビネーションにしても。でも、それはどこのチームでもいいところはあります。

やはり、攻撃の要となる中心選手がいないのがつらい。それが木村選手だったり、荒木選手だったりしてほしいのですが、決定力が上がってこない。しかも、ここぞ!という場面でトスが割れたり、あるいは真っ正直に売ってしまったり。

今はブロックシステムの改善というテーマを掲げているようですが、これはまあ、時間のかかることですから、目を瞑りますが、明らかにコースを抜けてきたボールを弾いたり、あるいは解説で中田さんもおっしゃっていましたが、北京組である荒木のブロックの横移動が遅くクロスにやられたり、竹下のフォローに入りすぎてクロスに抜かれる、などの新たに試みている戦術面以外での個人能力、チームワークといいますか、世界基準では当たり前に拾わなくてはならないボールや、ワンタッチをとらないといけないシーンで、まだまだ詰めが甘いのだと思います。

今日の試合、第2,3セットは先にセットポイントを握っての逆転負け。栗原選手が初日のできの悪さを挽回するように奮闘していただけに、荒木、木村はもっと決めなければいけない試合でした。しかもセッターは竹下。コンビが合わないとか、そんな言い訳は通りません。もちろんマークされていたのでしょうけど、これもそれが世界では当然ですし、今までもそうでした。

また、注目していたサーブですが、崩すシーンは昨日よりは多々見られましたが、やはりAキャッチ(擬似Aキャッチも含め)を相手に与えすぎている感じも受けました。というのも、欧州チームは多少崩れても、大きなトスさえ上げればどうにかしてくれる、という特徴がありますから、相手セッターにアンダーで対応させるくらいのサーブが本当はほしいところです。そうでないと、あれ?崩したっけ?という事後印象になっちゃうんですよね。これ、管理人が名づけた「擬似Aキャッチ」です^^しかし、さすがに何度も何度もは上手くはいかないので、何とかワンタッチからの切り返しのパターンを作りたい。そのために、まずはすべての選手に、横移動のスピードアップを望みます。サイドが追いつけず基準が作れないままストレートを抜かれたり、センターが追いつけずクロスへ打ち抜かれる。振られたとしても、何とかワンタッチがほしい。

ん~。。。今日はちょっと荒れ気味でしょうか??的外れなことを発言していたらすみません。

しっかし、高橋&杉山選手のNECコンビが抜けたことがこれだけの差になるとは・・・欧州勢にはストレート負け、タイにはフルセット負け。チームとして、勢いがなくならないか心配です。しかもこんな流れの悪いときに、次のラウンドからはゴールデン放送にもなりますし、日本国内初お披露目の試合が始まる・・・。

そうそう、やはり管理人的には竹下のセンターの使い方に少し疑問を持ちます。栗原・栗原・栗原・・・で、止められたら今度はあたってる坂下・坂下・坂下・・・のケースに見られるように、どうもサイドに頼るケースが多いな~と。いや、確かに終盤になってきたら、エースに上げるのはもちろんそうなんでしょうけど、センターの影が凄く薄い、というか、それはセンターの選手のせい、つまり決定力に対する信頼のなさなのか、それとも竹下選手の癖なのか。センターが機能しないと今の日本は勝っていけないと思うんですね。クイックなんかももう少し使っていきたいですし。
この辺り、経験者の方のご指導仰げたらうれしいです。

何か長々とだらだら書いてしまいましたね・・・。何か不完全燃焼です。プエルトリコ戦が凄く怖いんですが。(__;)

また後ほどスタッツ分析&第3日の結果一覧をアップしたいと思います。



人気のブログはもちろん→ここ←から!!
[2009/08/03 03:34] | 全日本女子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ワールドグランプリ ポーランドR ×ポーランド ~スタッツから分析~ | ホーム | ワールドグランプリ 第1週 2日目 結果一覧>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://volleyinformation.blog130.fc2.com/tb.php/149-bd0d0948
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。