スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ワールドグランプリ 第3週 韓国R ×韓国 =中盤からもたつくも、ストレートで地元韓国を抑える=
日本 3(25-13 25-20 25-22)0 韓国

ん~、第2セット、20-13までは完璧とまではいえないかもしれませんが、竹下のトスも、韓国のブロックをよく振り切ったうまいトス回しでしたし、サーブもよく走っていましたが、つなぎをミスしたりしてぐずぐずしている間に地元の歓声を受け、負けられない気持ちでいっぱいの韓国が盛り返しました。キムヨンギョンを韓国全員で鼓舞するという様子だったようですが、一人の選手に頼りきったチームには負けたくないですね。しかし、その1人キムヨンギョンが確かに決定力がある。彼女の渾身のストレートスパイクから徐々に韓国もペースをつかんだ感じはありました。しかし、それでも日本が勝つあたり地力に勝っているんだと思います。
ただ、ここにセッターキムサネが戻ってくると、他の選手も息を吹き返す予感がぷんぷんします。あ、後韓国のリベロ、キムヘランがよく拾ってましたね~。素晴らしいディグがいくつもあったように感じられました。

日本の方の話に戻りましょう。今日の日本は可もなく不可もなく、といった感じでしょうか。無駄にヤンヒョジンに向かってスパイクを打ったり、何でもないチャンスボールを活かしきれなかったりするようなシーンもあったように思います。でも、やはりスタメンと控え組み全員で戦う姿勢は前体制では見られませんでしたし、タイムアウト時も積極的に監督以外の人でも具体的な戦術面での指示があったりと、チームの雰囲気は悪くありませんので好感が持てます。サーブは大分、狙うサーブが意識でき始めている印象も受けます。後は、つなぎをパーフェクトにしたい。言うならば、つなぎは世界ナンバーワンになりたい。2段トスを含めた細かなボール処理がきれいに行えれば、結構なチーム力アップにつながると思います。この辺、やはり昨日のブラジルの方が上なんですよね~。

井上選手が徐々に台頭してきたでしょうか。竹下とトスが合わないシーンもありますが、何とかうまく処理しようとする姿勢が素晴らしいと思いますね。ブロックもキムヨンギョンを1枚で止めたりと、ブロックの面でもだんだんと彼女のアピールポイントが活かされてきています。庄司選手、ピンチでしょうね。荒木も、今日は良かったですが、波があっては困る選手。やはりイタリアの移籍で思うようにコンディション・試合勘が戻っていないとのことですが、それならばイタリアに行く意味はないんですよね~。以前の出版本で、ブラジル女子のギマラエス監督が「必ずしもイタリアのリーグに行くのが良いとは思わない。練習の変化によってコンディションの面、筋力の面で衰えては困るからだ。だから我々は選手にナショナルチームからのトレーニングメニューを行ってもらうようにしている。」と語っていたように思います。荒木選手もその辺り、次は失敗しないようにしてもらいたい。日本の人材はブラジル以上に厳しいんです。せっかく日本のセンターエースのポジションを既に持っているわけですから、貪欲にやってもらいたいです。

サイドですが、思ったより決定率がよくない。坂下12/35 ミス7ですから効果率14.29% 栗原が7/15 ミス3なので効果率26.67% 木村が8/25でミス2より24%・・・坂下選手は特に、もう少し上げなければいけないんですよね~。坂下は少しミスが目立つ。おそらく被ブロックも含まれるんでしょうが、サーブレシーブ免除のオポジット的扱いなんですから、チーム一のインパクトがほしいな、と。今後の彼女の課題ですね。今日は韓国のサーブミスにも助けられた印象がありますが、少しサーブで乱されましたね。木村でも38%ですので、日本が中盤以降苦しんだ要因かもしれません。栗原に関しては、1/10 ミス1なので、実質効果率が0%・・・。今年の体制からサーブレシーブに入っているので試練ですが、木村もそれを乗り越えてここまできたので、ぜひ踏ん張ってほしいです。しかも、栗原は濱口という控えと交代できていますが、木村はあの時控えもおらず、ただただやられるがままという状況でした。そう考えると環境は整っているわけですから、結果を求めてほしい。

問題は明日のドイツ戦。オランダ、ポーランドと敗れており、ヨーロッパ勢に苦しめられている日本が今の調子でヨーロッパに勝てるかどうか。中田さんが「タイプ的にはポーランド」と語っていましたし、オランダ・ポーランドも含めた3チームの融合チーム(日本語になってますか?^^;)と戦っていると仮定して勝ちにいってほしいですね。そのためには簡単なボールは確実に処理すること。サーブレシーブを安定させた上で、サイドスパイカーがいかにうまく打てるか。クロスは、ドイツのセンター、フュールストとシュシュケ(で合ってますか?)が待ち受けています。特にフュールストに打ってはいけません。その辺り、日本がうまくストレートから外に出したり、抜けるか。あるいはその真ん中のセンターをいかに振れるか。注目したいですね。


人気ブログはやはり→人気ブログランキング←で!
[2009/08/15 23:58] | 全日本女子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<気になる決勝進出国は? =第3週 1日・2日目 結果一覧&順位表= | ホーム | ワールドグランプリ 第3週 韓国R ×ブラジル=ブラジルのミスで1セット奪うも、完敗=>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://volleyinformation.blog130.fc2.com/tb.php/165-5f2692cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。