ワールドグランプリ 第3週 韓国R ×ドイツ =フルセットにもつれるも、何とか振り切り勝利=
日本 3(23-25 25-14 25-18 21-25 15-10)2 ドイツ

いや~、何とか勝てましたね~・・・。ちょっとのことで流れが行き来する緊迫した試合でした。おそらく実力が互角なんでしょうか。今日は栗原の調子が非常に良かったですね・・・。ここ!ってボールをいくつも決めていたように思います。

第1セット落としたときは、やばい!と思いましたね、正直。でも今の日本はセット間で修正できる力がありますね。サーブを改めて強く打ったり、ブロックの修正をやったりと、今までの日本とは違います。

今日の一番のポイントはファイナルセット、すさまじいつなぎの連発から最後に栗原が決めたあの1点。あのつなぎから第5セットはすべて日本の流れに持ってこれたかな、と思います。

スタッツを見ますと、何と栗原が26/52決めているんですね。凄い^^;ミスが8ですから、実質効果率は34.61%。それでも合格点レベルの活躍。(←打数多すぎて、疲労がファイナルに響かなければいいんですが・・・。)
反面、木村が若干決定率を落とした感じ。7/31 ミス5ですから、効果率6.5%・・・。マークはもちろんきついでしょうが、彼女の力、ファイナルラウンドに期待しましょう^^
狩野は10/27、ミス5で、18.51%。もう一声!という感じか。彼女は今すべてが経験となり、糧になっている選手の一人でしょうから、この経験をしっかりと自分のものにしていってほしいですね。
センターが要所で調子が良かったのも勝利のポイントでしょうか。井上が9/14 ミス1、荒木が6/13 ミス1でした。井上が完全にスタメンを務められるようになったのは大きいですね。センター陣にゆとりが生まれますし、これは大きな収穫です。ブロックもドイツと同じ13本出て、高さ負けしなかったことも良かったですが、やはり竹下前ローテが厳しい・・・。←日本がこれを克服したとき、本当の意味で世界に恐れられることは間違いないでしょう。いち早く、竹下の後釜の育成をもう国レベルで行わないと・・・って無理ですよね~。。。各Vリーグチーム!!頑張ってくれ!全日本を強くすることが、Vリーグ集客につながるんですから!!

サーブレシーブは日本は今日はひどく悪かったようで、全体で20.84%・・・。これでは厳しいかな~。その中でよく栗原が決めていたということでしょう。まあ、対するドイツのキャッチも20.20%なんですが^^;

あ、そうそう益子さんも指摘していましたが、第3セット?かどっかで竹下がラリー中に荒木に上げたバックトスからのクイック!あれをいつでも打てるコンビネーションを作っていきたいですね。

また、今日の結果一覧等まとめたいと思います。

PS:テンプレートですが、この前“木漏れ日”に変えたところですが、何か個人的に落ち着かないんで、こっちに変えてみました。テンプレートへの感想もお待ちしています^^

人気のブログはもちろん>>こちら<<から!
[2009/08/17 00:24] | 全日本女子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ワールドグランプリ 予選ラウンド 最終日結果一覧&最終順位 | ホーム | 気になる決勝進出国は? =第3週 1日・2日目 結果一覧&順位表=>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://volleyinformation.blog130.fc2.com/tb.php/167-03ad0a7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |