WGP2009 ファイナルラウンド 第1日 ×ドイツ =どこか腑に落ちない黒星、ミスも多かったか=
日本 1(23-25 25-16 17-25 22-25)3 ドイツ

悔しいですねぇ・・・。
第2セットの形が良かっただけにますます悔しい。第1セットも、あれだけの連続得点を終盤にしておきながら、序盤のあのこけっぷり。どうも、今の日本は序盤弱いのか。ロシアは基本スロースターターですが、それはガモワなどの大砲がいるからどうにかなりますが、日本はスロースターターでは困ります。序盤から一気にいかないと・・・。ちょっと足が動かなかったんでしょうか。

第3セット以降、ドイツのサーブに苦しめられました。前後に揺さぶられ、前に落ちるサーブでセンターをつぶしにきました。で、まんまとそのサーブにやられた感じか。試合終了後の選手の表情を見ても、相当悔しい敗戦になったような感じはしますね。中田・川合両解説陣も煮え切らない感じでしたし。。。あと第3セットはミスも多かった。荒木お得意のストレートアウトをはじめ、スパイクミスやら何やらがねぇ・・・。サーブも走るときは走りましたが、今日はその効果率以上にミスが多発したかと。ミスを恐れないサーブは絶対条件ですが、ミスしすぎもNG。ここが難しいところですよね・・・。

スタッツを見ますと、日本の全員のアタック決定率が36%ちょいで、ドイツが38%と互角。ブロック本数が日本7に対し、ドイツは13.ディグもほぼ同じですし、サーブレシーブはドイツ49%に対し、日本は60%超えと日本が上回った。竹下のランニングセット(ブロックを1枚半以下にした率)も13.75本と、すさまじい数字を残しながらの敗北は痛い。まあ、数字以上に日本のサーブレシーブはいやなところに打たれたといいますか、攻めにくいところを狙われてしまったような印象。その中で、木村はアタック決定率40%超えていますし、本当に数字ではそれほど悪くはないんですが。。。やっぱドイツのIDにやられたんでしょうかね・・・。

むう・・・何なんだろう、このもやもや感は!!勝てた試合だったような気がするんですよ。今の日本なら。どこかスピーディーさにかけてしまったようなそんな展開でした。明日はロシアなんですが、今日のブラジルーロシア戦を見る限り、予選ラウンドのロシアだと思わない方がいいです。というより、予選ラウンドのガモワだと思わない方がいい、が正解かも。明らかにスパイク力が向上してました(゜д゜;)コシェレワも未だに決定力落ちてないですし、厳しい。あのブラジルがロシアのサーブに崩されまくってましたもん。ですが、それ以上に凄い試合でして、ファイナルセット、14-12と先にマッチポイントを握ったのはロシアでした(・д・;)しかし、14-13の場面で2枚替えでアナチエミ選手のサーブで思いっきり崩し、ブロック、そしてマリの強烈なスパイクで14-16と逆転で勝利をものにしたんですよね~・・・。ブラジル何なんだ!4年前の日本戦を思い出しました^^;

今日の試合、皆さんにはどう映ったでしょうか。メダル・・・結構遠のきましたが、まだまだこれからですし、どのチームも拮抗はしているので、諦めずに強豪を食う気持ちで臨んでほしい・・・!!




あ~悔しい!!



人気ブログは>>こちら<<からチェック!!
[2009/08/19 22:08] | 全日本女子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<WGP ファイナルラウンド 第1日 結果一覧 | ホーム | 本日のすぽると&セッター育成について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://volleyinformation.blog130.fc2.com/tb.php/170-fff56d31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |