WGP 2009 ファイナルラウンド ×オランダ =日本、まさかのストレート勝利=
日本 3(25-22 25-18 25-22)0 オランダ

昨日までの試合を見ていた方なら、まさか今日ストレート勝ちするなんて思わなかったでしょう。日本のサーブが予選Rの時のように走ったことと、それに相乗するようにオランダのミスも多かった。また、勝因の一つとして、センター、特にフールマンのクイックをワンタッチかけたり、佐野のスーパーディグなどから切り返しでそれが点数につながったことなど。。。でしょうか。また、要所でブロックが出たこともポイント。フリールが乗ってくる前に勝ったことも大きかったですね。さらに、今日は思い切った采配で、煮え切らない荒木をついに下げ、庄司-井上ラインのセンターにした真鍋さん。荒木のスピードが落ちているという中田さんの指摘どおり、庄司、井上にしてからセンターのスピードは増しましたね。庄司、井上は機動力を活かして、一人時間差や、Cにかけてのブロードなど、相手ブロックを惑わせていましたし、こういう采配もありですね。しかし、日本としては、やはりキャプテンでもあり、パワーセンターとして、もう一度06~北京五輪の時の荒木選手に戻ってほしい。次もヨーロッパに行くとのことですが、スタメン確約がないのならば、もう東レでいいのでは?と思ってしまうんですが、どう思いますか?皆さん。

あの、今日の勝利、まだ信用していないんですけど、本当に勝ったんですよね!?^^;オランダには今の日本ではあまり勝てる要素が見つからなかっただけに、思わぬ勝利というか、何と言うか。すみませんm(__)m

序盤、相変わらず走られて、もう気分がなえていました。逆転で取りましたけど、それもまあ、このセットだけなんだろうな、なんて思っていたところ、ストレートで勝つって言う・・・しかも最初の2連続の木村のライトからのスパイクがドシャットで、もう駄目だ~なんて思いました^^;

昨日の試合終了後、眞鍋さまがキレタとか。「相手のサーブがいいのは分かる!でもな、だからといって拾えないのはお前たちの心の問題や!!」とな。大声張り出して怒鳴ったと。それが功を奏してか確かに少し向上したように感じられました。

今日の勝利で日本、最下位から4位に浮上。1位がブラジル、2位がロシア、3位がオランダ、4位日本、5位ドイツ、6位中国となっており、明日が現在全敗の中国。ここまで全敗だし、日本にも2連敗の中国は、絶対本気で来ます。日本は今日のようなサーブで中国を崩せるかがポイント。中国のセンター二人(セツ・メイとマ・ユンブン)は決定力があり、高さと速さもありますから、この2人の活躍をなくす事が最重要課題。その上で、オウイメイであったり、リ・エンであったりをバンチリードで畳み掛ける形でいきたい。そのためにサーブ!!そして日本は相変わらずサーブレシーブを安定させたい。結局どの試合をするにも課題は同じなんですよね。中国は以前と比較してレシーブ力が若干落ちたかなあ、という印象です。乗らせるともちろん怖いですし、地力も持っています。油断せず、勢いを持って臨んで貰いたいですね~!!。。。そう考えると、なぜ今日の戦い方が前2戦でできなかったのか、特にドイツ戦は悔やまれます。


人気のブログはもちろん>>こちら<<!!
[2009/08/21 21:40] | 全日本女子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<WGP 2009 ファイナルラウンド 第4日 ×中国 =サーブで崩す事が出来ず、ストレート負け= | ホーム | WGP ファイナルラウンド 第2日、第3日 結果一覧>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://volleyinformation.blog130.fc2.com/tb.php/174-9991a49d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |