スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
WGP 2009 管理人的総括?
こんばんは!

遅くなってすみません!!?更新です^^

次は新戦力となった井上選手。
うん、少し線が細い印象が否めませんが、本人も強化ポイントを「パワー」だと明言していますし、それは置いておいて、あの短期間で竹下と合わせられるようになったことは大きかったですね。しかも、攻撃パターンが日に日に増えた印象で、相手ブロックを上手くかいくぐった感があります。スピードも相手ブロックを振るだけの機動力はありますし、ここにさらにスピードを追求すると共に、パワーがつけば頼りになる戦力になるのではないでしょうか。ブロックもモントルーのころに比べて増えてきましたし、彼女については、アジア選手権、グラチャンと、もう少し様子を見てみないといけないかもしれません。

次にライトポジションでお互い全日本デビューとなった狩野、坂下の両選手。狩野はどちらかといえば守備型。坂下は攻撃型ということで、これからの活躍しだいではありますが、うまく相手によって使い分けることが出来れば、非常に期待が持てます。崩されてしまうようであれば、堅実な狩野を。少しムードが悪くライトからガンガン攻めていくときには坂下、という具合にしたい。そのために、まずはしょぼいミスを減らしていくこと。特に坂下選手のサーブは非常に有効なので、ピンチサーバーとしても起用できるよう、100%の確率でサーブをあいてコートに入れられるようにしたい。狩野選手はもう少し、様子を見ながら、前にも書きましたが、相手に嫌がられるような、意地の悪いプレーをどんどん見せてほしいですね^^ある意味高橋選手がそうでしたよね^^;小技やブロックアウトの技術を得た暁には、真のエースになれるはず・・・。そう信じたいですね。間違いなくロンドンに向けての戦力にはなったはずです。

さて、お次は岡野選手、森選手、山口選手、谷口選手ですね。まず岡野選手ですが、やはり第?セッターなわけですから、ピンサではなく、2枚替えで使いたかった。もちろんサーブで乱してリズムに乗りましたし、彼女自身は非常に評価したいところですが、この起用を見ると、はなから彼女をセカンドセッターにするつもりはないのでしょうか。横山選手が帯同していたので、やはり彼女にバトンタッチするまでの・・・。どうなんでしょうか。ただ、年齢的に考えても、さすがにロンドン以降でもまだ任せられるセッターがほしいので、20代に任せたいというのが正直なところ。この岡野に関しては皆さん、どう受け止めていらっしゃるでしょうか。

そして森選手。森選手自身は初選出ながら、非常に上手さがあって、若手に積極的にいろいろアドバイスしたりと、ベテランの味を出していると思います。チームのムードを良くして行く為にも非常に貴重な選手かもしれませんが、もう少し若ければ・・・というのが本音。それだったら、有田、大山辺りの若手(中堅?)をうまく使っていきたい。ただ、速いレフと平行も打っていましたし、レシーブもそこそここなしていました。流れをぽんと変えるにはいいかも?!

山口選手は、ロシア戦活躍しましたが、プレーするたびに読まれていったという印象があります。後、サーブレシーブがちょっとね。。。かといって、サーブカット免除のオポになるほどの決定力はさすがに難しい。コンビに絡めて、非常に好印象ではあるんですけど、19歳とかだったら当然残るべきだと思いますが、今からというのはきつい。ちょっと厳しいかもしれません。

谷口選手は、最終戦、ほとんど出番がなかったにもかかわらず流れを変えてくれましたが、地上波ではカットされた第3セットで完全に止められたそうで。年齢的にも厳しいですかね。

そして庄司選手。う~ん、彼女は北京五輪予選前に代表落ちした選手ですが、やはり全日本経験者ということで、その雰囲気を知っており、経験があるというのは強みですが、何かもう1つの上積みがほしい。もしここに杉山選手が帰ってきたら、ベテラン枠の意味でも、スピードの意味でも落ちてしまう・・・。何か攻撃面でもう少しインパクトがほしいかなぁ。。。と。ただ、つなぎや小技はうまいと思うので、そこをパーフェクトにこなせるようになるのもいいかもしれません。ミスのない計算できる選手・・・で勝負。。。かなぁ?

次はリベロ。佐野選手は、たま~にらしくないプレーがちらほら見受けられるようになってきたかな~、という感じでしょうか。まあ、WGPですから本番の世界選手権であったり、WCで本領をどんどん発揮できればいいんではないか、という印象。今濱口選手が次期リベロとして候補に名乗り出ていますが、他の選手も含めて、今のうちに世界のサーブ、スパイクを受けるようにしておきたいですね。佐野選手は切り札でもいいわけですし。

全部言いましたっけ??とにかく日本はつまらんミスを少なくすること。ただでさえ攻撃面で、決定力にディスアドバンテージがあるにもかかわらず、自分達からほいほいミスしていたんじゃあ、話にならない。どうしようもなくて、この際!!みたいな思い切りのいい、後を引きずらないようなミスなら全然OKですが、「え!ここで(゜д゜;;)!!」みたいなミスはできるだけ減らしたい。サーブはもちろん、レシーブしかり、スパイクしかりです。

後は各選手の攻撃面での工夫、パワーアップ、ですかね。やはり新ボールになって結構拾われるようになっています。今、大会期間中でも体力増強のメニューを行っているとのことですが、いい方向につながるといいですね^^また、常に2枚ブロックの状態での練習も積極的にしたいですよね。ブロックアウトを狙うのか、それともクロスorストレートに抜くのか、フェイントで行くのか、リバウンドを取るのか・・・。こうした究極の選択を普段から慣れていきたい。高橋みゆきさんをコーチに呼びましょう!!(笑)でも、彼女(高橋)自身が、あれは感覚でやっているから人にこうすればできる、と教えられるものではない、とどこかで語っていたような気がする・・・。

あ、それからブロックシステムですね。ゲームを進めていくに当たって、ベンチから送られる指示を重視しながら、コミットで飛ぶのか、それともワイドで止めるのか、あるいはバンチで行くのか。。。そのときのレシーブ隊形は!?様々な戦略があるのだと思います。それを今後も諦めないで続けてほしいですね。いつか実が結ぶと信じています!!で、そこで浮上するのがセッター、竹下選手。彼女はああ見えて結構ブロックうまいんですよね^^;絶対的に低いだけで。たま~にすごいブロックありますしね。ただ、絶対的な低さが問題なわけで、ブロックシステム解決に少しでも近づくためには「セッターのポジションももう少し高く」が至上命題です。彼女はコーチも兼任ですから、どんどん若いセッター、あるいは横山選手などにその経験を伝えて、教えてあげてほしいですね。で、結局実践が大事なので、いち早い次期セッター選手を希望します。竹下選手はコートの外からコート内の選手にいろいろと指示する、という形になれば言うことなしですが。。。


こんなもんでしょうか。もし、他に何かここは修正すべき!ですとか、ここは褒めてもいいんじゃないか?など、皆様の全日本女子に対する意見があればぜひ教えていただければ幸いです^^

次はアジア選手権!!放送予定はないようですけど、何とかして見たいものです。。。グラチャンまであと2ヶ月ちょっと。今回得たものを吸収して次に活かしてもらいたいですね^^


人気のブログは>>こちら<<で!!



Spike The Best バレーボール ワールドカップ ~ヴィーナス エボリューション~

スパイク

このアイテムの詳細を見る

↑本格バレーボールが楽しめる!


日本女子バレーコンプリートガイド (JTBのMOOK)

ジェイティビィパブリッシング

このアイテムの詳細を見る

↑過去の出版本ながら、管理人お勧め。バレーファンなら満足間違いなし!?



[2009/08/27 23:55] | 全日本女子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<男子、世界選手権アジア予選 28日から=久しぶりに男子の話題^^;= | ホーム | 全日本女子、芦別にて合宿開始>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://volleyinformation.blog130.fc2.com/tb.php/181-caae28c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。