VS ブラジル ~1セットもぎとるも、地力の差で敗れる~
取り急ぎ結果と所感を。

日本 1(26-24 21-25 23-25 21-25)3 ブラジル

やはり、アタッカーはパウラ大先生とタイーザ様が入ることにより各選手の安心感を生み、セッターも日系三世のアナチエミが入ることでトス回しも変化。最強ブラジルに恥じない、選手層の厚さを見せ付けられましたね・・・。

しかし、ここ最近ではなかなかいい試合をしたのではないでしょうか。パウラ、タイーザを引きずり出し、さらには終盤マリをベンチに下げさせるまでにブラジルベンチを動かしたのは◎。今日はもうお葬式になるのかな、と思いながらのバイト後観戦でしたので、純粋にとても楽しみました^^終盤のブロック祭りだけは頂けませんが、それまでは必死に食いついていたかと。皆さんはどう感じましたか?(←最近このフレーズ多用しすぎかな?笑)

また細かいことは明日、タイ戦前か後にまた触れますが、終盤のブロック祭りは竹下のトスが短かったのか、アタッカーの技術力なのか、あるいはブラジルのデータにはまったのか、いずれだったのでしょうか。

後、途中の井上→庄司の交代は何でだったんでしょうか。変化を加えたかったのか、庄司のブロックに期待したのか?また、第3セットの24-23の場面での2枚替えのシーン、せっかく前3枚そろって、いい形にサーブでも崩したのにもかかわらず、フェイントフォローに誰も入っていないのにはちょっと落胆。確かにパウラがレフとでしたから、強打を構えますが、第3セットになってからはかなり軟攻も増えていたので、1人は入るべきだったのではないでしょうか。。。そういった細かい点はまだまだこれから詰めていかなくてはならない点なのかもしれません。
が、前Y本JAPANでは見られない、単発でのクイックやBパスからのクイック、ダブルクイックなど、今まではなぜかやってこなかったパターンの練習を行っているんだなあ、と実感できる大会になっているので、管理人個人的には非常に好感の持てる雰囲気です。昨日ですか、韓国戦の最終得点で富永→石田のコンビを見た時、富永選手の器用さにも驚かされましたし、非常にこれからが期待ですね。

山口選手も昨日だけではなく、今日もいい働きをしていました。確かにまだデータがそろっていないのかもしれませんが、そもそも相手ブロックが追いついていなかったり、囮に飛ばさせていたり、ブロックがついてもうまくワンチを取ったりしていますし、坂下選手とともに今後の全日本残留メンバーに名乗りを上げた感じでしょうか。今後に注目です。

明日のタイ戦は今日の流れ、調子でいけば絶対間違いないと思うのですが、気を許すことなく、明日こそ今日の100倍くらいの気合で勝ってほしいと思います。ここでタイに負けるわけにはいかない!!
[2009/11/12 02:48] | 全日本女子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<VSタイ ~アジア選手権の雪辱晴らす~ | ホーム | 日韓戦結果、印象>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://volleyinformation.blog130.fc2.com/tb.php/201-9517ab98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |