モントルー 日本×ドイツを振り返る =セッター松浦で初勝利!=
スタッツも見ながら本日のドイツ戦振り返ります。

ドイツはコズーフ・バイアー・ブリンカーといったスタメンサイドを外し、2軍レベルのサイド陣で布陣を組んできました。

まあ、日本はどんな相手だろうが、新チーム、新セッターで1からチームを作っている段階。
自分たちのやろうとしていることを出すこと。それができればいいと思います。

で、今日はそれができていた。←ブロックアウトやディフェンス面ですね。

まず収穫なのは、何よりもセッターが竹下ではなく勝てた、ということ。

これは近年では非常に嬉しい結果ですし、しかも180cmという松浦をセッターにおいての勝利ということで、これからの日本の強みになりうる要素なので、価値が大きいと思います。

そして、江畑選手の攻撃がびっくりするほど良かった。なんと、両チーム最多の28得点をマーク。おそらくサーブレシーブには入っていないはずです(日本は、吉澤・山口・濱口の3枚)が、ブロックついていてのブロックアウトだったり、ワンチを取って弾いていくプレーは非常に光るものがありました。もちろん相手は2軍ドイツ。浮かれてはいけませんが、江畑選手にとって、非常に自信になったのではないでしょうか。サーブアンドブロックも良かったですし、もう少し彼女の出来というものを見たいですね。

また、ブロックでは、日本18本、ドイツ15本。

18本ですよ??皆さん。

やはりセッターが180cmだけあって、ブロックからのディフェンスがいかに有効かということを思い知らされた。もちろん、その中で、井上が8本、山本が5本(←アメリカ戦の評価よりもひとまず上昇)で、センターラインが引っ張っています。

ただ、勝ったものの、コンビが合わないシーンが目立ちます。もちろん、セッターも若いですし、これからですから何も批判するつもりはありませんが、ここが合ってくるとますます面白いチームになりそうです。

CワイドとLのブロードのダブルブロードや積極的にクイックを使ったり、バックアタック、平行と結構トスも散らそうというのも見えますし、何より、サイド陣を中心にどうやってボールを外に出していくか、考えながらプレーをしているのが見えるのが良かった。その象徴が今日は江畑選手だったと思います。

トスが合ってきたとして、強豪チームにどこまでやれるのか期待したいところですが、今日は江畑が大爆発したからよかったものの、序盤は井上・山本・山口のセンター・ライトのとくにライト側への移動系、ライト攻撃がほとんど通らないシーンがありました。後半少し盛り返しましたが、強豪国ならばそれプラスサイドも早々と攻略されてしまいかねません。ブロードからクイックに戻してから、もう一度ブロード、などより早く攻撃パターンの変更をしていただきたいです。


さて、ここでひとつ嬉しい誤算。

松浦の高さを生かしたブロックディフェンス型チームと、竹下のトスワークを生かした決定的な穴のある速いバレーのどちらを優先させるか、です。つまり、竹下ファーストで松浦(富永)にチェンジするのか、あるいは松浦セッターでスタートし、ピンチのときに竹下バレーにするのか、ということ。

正直セッターが高いことで、フォローも少し楽になりますし、ディフェンスが格段に良くなる。竹下だとそのフォローによって、ごたごたになる場合もよくあります。

木村・荒木・栗原は遠征メンバー以上に松浦とはコンビが合っていないでしょうから、やはりグランプリは竹下なのか?しかし、世界選手権で最終的に判断すればよいので、積極的に松浦や富永といった、高いセッターで今年のグランプリは戦ってほしい。

皆さんはどう考えますでしょうか。



理想スタメン サーブレシーブ4枚でもいけますね。
  山口   |  木村  |  荒木
 井上(山本) |  栗原  |  松浦
               リベロ:佐野

江畑がものになるとしたら、木村ライトで、サーブカットは江畑以外の3枚ですね。
  木村   |  江畑  |  荒木
 井上(山本) |  栗原  |  松浦
               リベロ:佐野

ローテーションや表裏などにはあまり詳しくないので、突っ込みどころがあればどんどん突っ込んでください(笑)

ここに坂下、怪我から復帰すれば狩野もいますし、また何より竹下がセカンドセッターとして君臨していることほどメンバー内に安心感が生まれるのではないでしょうか。

松浦、あるいは富永といった期待のセッターがどこまでその力を伸ばしてくれるかにかかってはいますが、これからの日本のバレーを考えた場合に、今がその飛躍のチャンスだと捉えるべきです!!

また明日にモントルーバレーマスターズ2010のここまでの結果、順位決定戦の対戦カードをアップします。


キューバ×ポーランド戦、キューバが勝ち、この後、注目のアメリカ×ロシアです。
[2010/06/12 03:57] | 全日本女子 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<モントルーバレーマスターズ2010 ここまでの結果と対戦スケジュール | ホーム | 【生レポート】モントルーバレーマスターズ2010 日本×ドイツ>>
コメント
こんにちはー
昨日は時間も早かったんでライブで見れました。
江畑選手、かなり良かったですね。バックアタックもいいし、スパイクもただ打つんじゃなくてコース狙いのスパイクはプレミアでも通用するんやないでしょうか。
今年はまだしも来年くらいに、プレミアに移籍してほしいです。応援したい選手が増えました。

セッターは松浦選手でしたがセットを追うごとに良くなって行きましたね。
1セット目を取ったのが良かったんじゃないでしょうか。
松浦選手が入ったことでブロックがほんとによかった。あれだけワンタッチ、キルブロックがでるとみてるこっちも楽しい。
日本もリベロ以外は180センチのスタメンがロンドン後にはできそうなかんじなんで、松浦選手には特にがんばっていただきたい。

今回は山本選手にピンサ出したり、江畑選手、松浦選手スタメンと真鍋采配も良かったと思います。今日の試合も楽しみです!


しかし
横山選手もがんばってほしいな・・・
[2010/06/12 11:06] URL | sun #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://volleyinformation.blog130.fc2.com/tb.php/229-9f576c2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |