【速報!】トリノ国際大会 日本×ドミニカ スタメン、試合経過 
まもなく始まりますね^^

日本スタメン:木村、迫田、山口、井上、山本、竹下、佐野


【第1セット】
日本8-6ドミニカ

日本リード。

日本16-13ドミニカ

日本21-17ドミニカ

日本25-22ドミニカ

とりあえず、日本が先取。
しかし、見ていてあまり面白いゲームではない。
ドミニカのミスも多いし、日本もガチメンの割りにスカッとしないし。

【第2セット】
日本8-7ドミニカ
何でこんな接戦なのか。

日本9-11ドミニカ
・・・。

日本16-12ドミニカ
持ち直したようです。

ここでやっと来ました2枚換え!
竹下・山口→松浦・江畑

松浦サーブ良し、松浦から迫田のライト攻撃良かったですよ^^

結局日本25-14ドミニカ

ドミニカサーブレシーブ崩壊。日本サーブで取ったセットでした。


【第3セット】
日本10-8ドミニカ

日本、終盤は井上→荒木、山口→江畑、迫田→吉澤

最終的に25-16

日本がストレートでドミニカを下しました!


はい、今日もガチメンで来ました、日本。
ドミニカは、デラクルス、バルガス、カブラルがいないのかな?特にサーブレシーブの要であるベテラン、カブラルの存在が大きいのかもしれませんね。サーブレシーブグダグダでしたから。

う~ん、今日は何というかコメントの難しい試合でしたね~

1にサーブ、2にサーブみたいなサーブで崩した以外にあんまり印象に残ったプレーがない。

何か昨日よりもコンビがあってなかったような感じもありました。
木村選手は相変わらずチームを引っ張ってくれましたが、迫田選手も少しずつ安定してきている?かもしれません。やはりあのどこからでも打てるバックアタックは非常に頼もしいなぁ、と。

前が竹下、木村、井上の時に迫田のバックアタックは武器になる。

また、終盤出てきた江畑のバックアタックも良かったですよ^^データがない、といえばそうですが、それでもブロックをよく見て切っていました。

吉澤に最後3本くらい連続で上げていた竹下は、どうしても吉澤に決めてほしかったんでしょうね。結局最後はブロックにかかりましたが・・・吉澤は低いのかなぁ、打点が。

荒木は、少しジャンプ力が落ちてるような。やっぱスタメンから外れているわけが分かります。

ん~、今日はホントこんなもんですね。

あ!!ありましたありました、気になるポイント。それは・・・


フェイント弱すぎ


です。


特に明らかなのは、竹下前衛でのフェイントと前3枚ブロックの後ろですね。
もちろん普通に竹下後ろで前2枚の時も弱い。

まあ、竹下前の時に、後ろのほうに構えるのは仕方ないとは思うんですが、どうにかこのフェイントを拾っていきたい。
ディグフォーメーション(って言います?)をもう少しフェイントカバーも入れるべきだと思います。
気になる点でした。

後、迫田はディグもう少し頑張ってほしいかな。まずは攻撃面で安定することが先決にしても、スパイクレシーブ力の向上にも力を入れて欲しいです。

明日はイタリア戦。

イタリアはピッチニーニ、デルコーレ、ジョーリ、バラッツァ、ロビアンコ、カルドゥロの主力が完全にいないチーム編成。ですが、昨年のモントルーではそのメンバーでかなりいい線行ってましたし、弱いとはいえません。。。が、対する日本は主力ほぼ全揃いのメンバーなので、ここはあっさり勝ってほしいんですがね。

2連勝したことですし、松浦先発でもいいんじゃないかな。

皆さんどう思いますか!?


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ
にほんブログ村




[2010/07/29 00:51] | 全日本女子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<トリノ国際大会 7月29日 | ホーム | 【速報】トリノ国際 日本スタメン、試合経過>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://volleyinformation.blog130.fc2.com/tb.php/240-7d18fc8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |