グランプリ ブラジルR総括 ~岡山ラウンドに向けて~
随時更新予定です!!
現在記事製作中

3試合を終えての順位は以下の通り

順位 国名(略、正式) 勝ち点 勝敗
1 CHN China 9 3
2 POL Poland 9 3
3 BRA Brazil 6 2 1
4 NED Netherlands 6 2 1
5 JPN Japan 6 2 1
6 ITA Italy 6 2 1
7 GER Germany 4 1 2
8 USA USA 3 1 2
9 PUR Puerto Rico 3 1 2
10 DOM Dominican Republic 2 1 2
11 THA Thailand 3
12 TPE Chinese Taipei 3


すみません!!あれからバタバタしてしまいまして^^;

はい、日本は現在5位。
ちなみにブラジルラウンドの面々が上位6チーム中3チーム残っているということで、厳しいラウンド、よく耐えたな、という感じですね^^

とにかくブラジルラウンドを振り返って印象的だったのは「イタリア戦」。

今冷静になって考えると、イタリアはデータ取ってたのかなぁ~、とつくづく思います。

というのも、ブラジル×イタリア戦。見られた方は分かると思いますが、まさかまさかのブラジル崩壊。
キャッチにしても、スパイク決定にしても、何もかもブラジルの悪いとこ全部出てたような試合でした。

特にサーブ。ブラジルのサーブレシーブをことごとく崩していた印象ですし、日本戦の時よりは、セッターのロンドンもいいトス回しだったし(これは単なる時間の問題?)、ピッチニーニとデルコーレのスパイクが完全にブラジルのブロックをかいくぐってましたし・・・。

日本戦の時と同じイタリアだとは到底思えなかった。

逆にその時のブラジルは「ナタリア」選手の爆発しか記憶にない(笑)

日本はイタリアのサーブきっちり返してましたし、ブラジル戦の時ほど木村ばかりではなく佐野も狙われていましたし、新しい日本のバレーを見るためのテストマッチ的な感じだったのかも、と思うと次のイタリア戦がかなり恐いです。でも、貴重な1勝だったことは変わらないわけですし、星勘定も少し楽になりましたよね。

で、ブラジル戦。これは、もうブラジルのサーブにまたしてもしてやられる、といういつものパターンで、負けに対しての監督のコメントが「レシーブが云々」というこれまたお決まりのパターン。

どうにかこのお決まりパターンから抜け出したいけど、色々考えて結局また「レシーブ」に返ってきてしまうのはもうこれこそお家芸かも!?

ただ、日本がブラジルのレセプションを崩している時には連続得点を取っていたわけですし、その辺りもう少し詰めて、前記事でも言ったと思いますが、センター・ライトをいかに機能させるか・・・ここにすべてかかっている。

で、その実践にもっと力を入れたかったのがタイペイ戦。これまたレセプションがデータ上ブラジル戦よりひどかった。これでは。。。とても「サーブレシーブNo.1」とはいえないし、まだまだこれからなんだなぁと痛感。でも、各国サーブレシーブには手を焼いている段階。いち早く抜け出していきたいところですね。

失点もまだちょっと多いですよね。特に相手チームよりも多いということがほぼ0という状況に持って生きたいんですが・・・ただここで一つ心配事。ミスや失点を極度に恐れて、強打や思い切りのある攻撃に踏み出せないという典型的パターンへの突入。これ、ブラジル戦でもやや見られたように思います。これだけはなぁ・・・何とか避けたい。一人ひとりが「いける!!」という自信を持つしかないのかな・・・。どうでしょうか。

さて・・・

次の岡山ラウンド・・・

対戦スケジュールをもう一度。


ドイツ→ポーランド→チャイニーズタイペイ

ドイツはコズーフ対策でまずは手を打ちましょう(笑)ドイツはちょっと後回しで。

しかし、ポーランドがねぇ・・・グリンカが居た時代よりもなぜか恐いんだなぁ・

しかもアメリカ、ドイツ、ドミニカなどを破って3連勝。勢いに乗っているのと、やはりレフトサイドが守備型である、ということ。(合ってますか?笑。これで違ったらなんというガセ情報(笑))

グリンカを潰せば、とかそんなんじゃないのがね~。。。で、眞鍋ジャパンになって一回も勝てていないのも恐い。その時にとめられていない印象なのが、「バランスカ」と「カチョル」。この二人をいかに機能させなくするかが重要だと思います。

え~3試合を終えてのポーランドの各部門での結果を見ますと、

まずバランスカはベストスコアラー部門6位。で、この人サーブもいい。要注意。

復帰したスコブロニスカも11位。彼女は今回センターでの起用なのかな?もう少し調べてみます。

サーブ決定率ランキングでも、2位・6位にやはりバランスカとミドルのベドナレクが入っています。日本はここで崩されないようにしたい。

で、ポーはディグもいい。バランスカ、リベロのマイが4位5位。日本の木村よりも上。これはおそらくブロックとレシーブの関係が確立されているからだとは思いますが。

ただ、レセプションはそれほどいいという感じではないかな。バランスカの対角に入っているレフトの「コセク」選手。この選手が24%だということで、この選手を狙って崩していくのも手か。それともバランスカに集めて彼女の動きを止めるのか。この辺り、日本がどうするのか注目したい。

うん。。やはり初戦のドイツ戦、第1セットにスタメンとしてカチョルとスコブロニスカが併用されているので、多分カチョルがライト、オポジットですよね?となると、やはりスコブロニスカはミドル?分かる方いらっしゃったら教えてください。あ、でもその次の試合からはカチョルの出場セット数少ないですね。。。となると、やはりスコブロニスカがオポジット・・・。
う~ん、どうなんでしょう(笑)


ん?何かいつの間にか岡山ラウンドの展望、ポーランド研究みたいになってきましたね(笑)

でも、それくらいこのポーランド戦は重要だと思うのですよ、ハイ。

ドイツ戦ですが、もうおなじみといいますか、去年とほぼ同じメンバーなので、ある意味既存のデータとグランプリのデータをいかに活かして戦えるか。コズーフが現在ベストスコアラーランキング1位。しかし、3試合目でドミニカに負けていますので、ここをきっちり叩いていきたい。両レフトのバイアーとブリンカーもそれほど恐い印象はないので、日本から絶対ミスを出さないこと。これ必須条件です。


とにかく今は日本の何が通用するのかということと、日本の目指す世界一を具現化していくこと。これに尽きます。いきなり何もかもすべてうまくいくなど、ありえないわけですから、着実に、そして丁寧に毎試合戦ってほしいです。コンビの正確性にも期待しながら、今年国内初の全日本女子の試合。楽しみに待ちましょう。

ドイツ戦は明後日13日です!!





にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






[2010/08/11 17:07] | 全日本女子 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<更新予定 | ホーム | ワールドグランプリ スタッツから見るチャイニーズタイペイ戦>>
コメント
はじめまして。
アメリカ対ポーランド戦をTVで観たのですが、カチョル(OPP)はスタメンだったけど、結構すぐにスコブロニスカと交代して、スコブロニスカが活躍していました。

それから、もう一人のOHの赤毛の選手が活躍していたと思います。この選手はスパイクフォームが変(素人なのでどこが違うとか言えませんが)なので、ブロックで止めるのが大変そうでしたよ。多分タイミングが違うんだと思います。

センター線(でも、選手名わかりませんが、いつも見慣れたセンター一人もスタメンからすぐに引っ込んじゃったけど)もよかった気がしますが、何が良かったってサーブレセプションです。でもブロックでワンタッチをとってレシーブしてという高いチームの戦い方でした。サーブもよかったですね、というかアメリカチームのサーブレセプションが悪すぎでしたが。

その試合は第一セットは落としましたが、第二セットは20-24からの大逆転で24-26で取り返して、ホームコートの勢いでアメリカから勝利してましたね。

カチョルはジャンプできてない感じで良くなかったですよ。あとは、アメリカのフェイント処理が下手でよく決まっていました。
[2010/08/12 00:08] URL | ダゴ #- [ 編集 ]
ポーランド戦みました、テレビで。
スコブルニスカは、もともとミドルだったのですが、スピードが無くて、
結局オポジットでの登場ですね。

バランスカ選手にサーブを集めている感じ。
自分だったら、数字上、劣っている選手に
サーブを集めて狙いたいところでしたが、
この試合では、随分バランスカ選手が
攻撃にも影響を与えている様子でしたね。

後は、スコブロニスカ選手は、もともと
ミドルブロッカーなので、離れたトスを
打つことは苦手なはずなのに、
結構、離れたトスが多かったり、
極端に近いトスが上がったり、
打つのに苦労していた様子を伺えますね。

ただ、オポジットの選手は、
助走のスピードがあって、
フォームからスパイクコースを
予想しやすかったと思いますが、
レシーブに入るのが間に合わない感じで
ちょっと大変でしたが、ここはもう少し
ブロッカーの寄りを早める必要がありますね。
後は、データで早める事が出来るのか・・・

ちょろっと見た感想でした。
[2010/08/15 16:37] URL | kazuya #kH6LbN5U [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ダゴさん、初めまして!!
コメントお返事遅れてごめんなさい!!

ポーランド、やはり日本戦ではスコブロニスカをスタメンで起用してきましたね。
ただかなり不調な感じが見受けられました。

カチョルの投入で流れが変わった時は、昨年を思い出してヒヤッとしましたが
勝ててよかったですね^^

貴重なコメントホントにありがとうございます!
また覗きにきてくださいね♪
[2010/08/16 03:59] URL | 管理人★バル #- [ 編集 ]
Re: ポーランド戦みました、テレビで。
kazuyaさん、こんばんは^^

コメントありがとうございます!!


そうですね・・・スコブロニスカの不調は日本にとってはありがたかったですね。
カチョルの攻撃でポーランドに流れがいってしまった時は昨年のこともあり、非常に
焦りましたが^^;

バランスカはしかし、いい選手ですね。攻守でここまで出来る選手がポーランドに居るというのが
これまでと違った強さ。次戦う時、特に世界選手権初戦ではおそらくスコブロニスカも本調子で
くるでしょうし、いかに今回のようにサーブで崩し、相手の好きなようにさせないかが重要ですね。

また覗きにきてくださいね♪
[2010/08/16 04:04] URL | 管理人★バル #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://volleyinformation.blog130.fc2.com/tb.php/261-7a89acc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |