グランプリ 現在の順位、東京ラウンドに向けて ~決勝ラウンドへの展望~
東京ラウンド直前ということで、順位の確認や東京ラウンドの管理人的観戦ポイントをまとめていきます!

少し更新があいてしまいましたが、皆さん夏バテはしていませんか!?

眞鍋ジャパン、世界選手権への布石、ワールドグランプリ予選ラウンドもいよいよ大詰め。
決勝ラウンドへ大きく近づいている日本は残り3試合を残して現在何と2位。これは予想外だったかな。。。

1 ブラジル 5勝1敗
2 日本 5勝1敗
3 ポーランド 5勝1敗
4 中国 5勝1敗
5 アメリカ 4勝2敗
6 イタリア 4勝2敗
7 オランダ 3勝3敗
8 ドイツ 2勝4敗
9 ドミニカ 2勝4敗
10 タイ 1勝5敗
11 プエルトリコ 1勝5敗
12 チャイニーズタイペイ 6敗


ここまでの勝ち星は、イタリア、タイペイ、ドイツ、ポーランド、タイペイの5勝。管理人もヤマだと大きく語っていたポーランド戦に勝てたことが一番嬉しいですが、正直イタリアに勝つとは思っていませんでした。

しかし!!最終東京ラウンドが決勝ラウンドに進むためには、一番厳しいと予想されていたラウンド。イタリアに勝ってしまっているのでなぜか5勝していますが、元々は4勝で乗り込む予定でしたから^^;

ドミニカ→イタリア→オランダ

ドミニカ
今回、カブラル、バルガスといったベテラン組がいないということで負けるわけにはいきません。しかし、マンブルという選手に要注意。昨年のグラチャンでも苦しめられたサウスポーの選手です。
Img_GetImage.jpg
FIVBより

サーブでもかなり崩されていたのでレセプション、頑張りたいところですね。

イタリア
前回と違う点は、何といっても不動のセッター「ロビアンコ」とセンターエースのジョーリ。前~の記事でも紹介したジョーリ。彼女のスパイクに「どこまで振り回されないか」に注目です。






オランダ
何といってもフリール。彼女をいかに機能させないかが重要。ドイツ戦と同じような考えでいいのではないかと思います。正直オランダはマンネリ化しているような気もしないでもないかなぁ、と。2005年時に戦っていたメンバーがほぼ勢ぞろいですし、しっかり攻略して欲しいですね。
ちなみにフリールはベストスコアラー部門第2位です。1位はドイツのコズーフ。3位は木村です。


よく考えると、この対戦国はトリノ国際の再来といった感じですね^^; 果たしてその時と同様3連勝なるか!?楽しみなラウンドになりそうです。

決勝ラウンドは今回中国のニンポーで行われますが、圏内であると思われるのが、ブラジル・日本・ポーランド・アメリカ・イタリアの5カ国。多分ほぼ間違いないと思われますが、各チームの残り3試合を見てみましょうか。


ブラジル
プエルトリコ→チャイニーズタイペイ→ポーランド

ポーランド
チャイニーズタイペイ→プエルトリコ→ブラジル

アメリカ
ドイツ→タイ→中国

イタリア
オランダ→日本→ドミニカ

ブラジルは3連勝確実で8勝1敗、ポーランドも2勝は堅く7勝2敗。この2チームは進出ほぼ決まりでしょう。
アメリカは中国によしんば負けても2勝1敗で上がってくるでしょう。何といっても今のアメリカには北京銀メダルの原動力トム・ローガン選手が既に復帰していますから、攻守共に強いはずです。
↓トムの写真(FIVBより)
Img_GetImage2.jpg


日本はとにかく他がどうあれ、初戦ドミニカを徹底的に負かすこと!!ここでもたもたしているようでは世界選手権でもしドミニカと当たる時に後を引きかねません。

1勝すれば決勝ラウンドへ行けるというプレッシャーをはねのけ、果たして日本は勝つことが出来るか、明日注目です。

以下は東京ラウンドに参加する各チーム監督の記者会見でのコメントです。


■ 日本 眞鍋監督 ■

予選ラウンド3週目で、選手たちはかなり疲労が残っているが、まずは20日の試合に集中して戦うつもりだ。われわれは身長が低いチームだが、一つ一つの試合にベストを尽くす。特にレシーブ面で頑張らないと勝てないだろう。他の3チームは高さ、パワーとも素晴らしいものを持っているという印象だ。



■ イタリア バルボリーニ監督 ■

今回のすべてのチームにファイナル6へ入るチャンスがある。われわれが最初に中国行き(決勝ラウンド)の切符を手にしたい。これまでは必要に応じて違った選手を使ってきたが、今回もすべての選手にチャンスを与えたい。ブラジル大会で日本に負け、東京大会でも難しい試合になると思うが、とにかくベストを尽くす。



■ ドミニカ マルコス・クビエク監督 ■

最終段階に入り、非常に重要な局面にあるという認識だ。若いチームだし、このグランプリを通じて互いに実力を磨きあってきた。一日一日レベルアップを図っていきたい。日本戦を初めて戦う選手が多いが、プレッシャーを感じさせないように準備したい。



■ オランダ アビタル・セリンジャー監督 ■

ここにそろった強烈なライバルたちをかなり意識しなければならない。最終ラウンドに行けるハイレベルな戦いになるだろう。今まで以上の最高のプレーをしなければならない。若手に多くの経験を積ませるいい機会でもある。日本はかなり強く、質も高い。勝つためにはいい面をすべて出し、ベストを尽くすのみだ。




やはりどのチームも、特にイタリアは初戦で敗れているので、日本には本気で勝ちにきそう・・・^^;

ドミニカ戦に勝つことが出来、無事「決勝ラウンド進出!!」が決まれば、竹下・木村・佐野・井上辺りは休ませてもいいかも!?決勝ラウンドは5連戦・・・体への負担などを考えるとそういった采配もいいかもしれない。2枚替えで竹下、でもいいですし。。。。これはここでの妄想でしかないかな^^;

今回、コメントでも頂きましたが井上選手の活躍、特にブロックでの貢献はすさまじい。相手攻撃陣にとって脅威であることに間違いないでしょうね。彼女が荒木-山本というラインを崩し、井上の対角に誰が!?という考えに変わりつつある。期待ですね^^

また、タイペイ戦、ブラジル戦で露呈した木村選手のレセプションの崩れから来る失速。ここをどうにかしてほしいですね~。東京ラウンドでもおそらく木村集中砲火は十分可能性としてあります。木村が集中して狙われて崩された時に「チーム」としてどうするか。ぜひ注目して欲しいです。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ








[2010/08/19 23:45] | 全日本女子 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<ワールドグランプリ 東京大会 ×ドミニカ 試合結果 | ホーム | ワールドグランプリ 岡山大会 3試合 試合結果>>
コメント
マンブルわ確か
右利きですよ、
左利きわヌニェスかと、、、
[2010/08/20 20:55] URL | たろお #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
たろおさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます!

確かにマンブルは普通に右利きでしたね!
勘違いしていたようです^^;

ご指摘ありがとうございました^^

またいらしてくださいね♪

[2010/08/21 02:48] URL | 管理人★バル #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://volleyinformation.blog130.fc2.com/tb.php/264-15d9779e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |