スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
W杯 男子大会 第8日 日本戦結果=日本、メダルの可能性なくなる=
日本1(26-24 19-25 18-25 19-25)3スペイン

本日は時間の都合上、日本戦の結果のみの更新です。その他の試合の結果一覧、第8日終了時点での順位などはまた後ほど更新させていただきます。申し訳ありません…。

先ほどのすぽると!での植田監督の話、一見「負け」を「実力の拮抗」を理由に肯定化したように見えましたが、本心は「全ての責任は監督である、私の責任。選手達は自分のできることを必死でやろうとしている。選手達を責めるのはやめていただきたい。」というような、“負けは監督が全ての責任を持つ”ことを言いたかったように思います。う~ん、いつかのY本監督とのナマ電話の話の差にびっくりしてます(笑)
ただ、何を言っても勝ち負けの世界ですから、たとえ建前上でも「負け」を肯定化するのはどうかとは思いますけどね。

今日は監督の指摘していた「サーブの弱さ」・「サーブレシーブの悪さ」に加えて、やはり「大事な場面でのポカミスの多さ、一瞬の集中力の切れ」にあると思います。特に第1セットの21-13からの6連続失点が物語っています。

あそこを「すんなり」「すっきり」「相手に流れを与えず」取れていたらどうだったでしょう。

監督自身が口にした「“日本では体験できないサーブ”が飛んでくる。」
V・プレミアリーグのレベルの低さを物語ったようなものですよ、これは。
皆様のコメントの中でも、「海外移籍」や「プレミアリーグでの海外選手の活性化」を挙げられている方がおられますが、まさにそこですね。世界と常に力比べが出来ない点が、最後の最後で響いてくるのです。それは男女とも同じ。国内バレーをいつまでも盛り上げるのはもういいですから、もっと世界に目を見開いていってほしいですね。「日本バレーボール協会」のお偉いさん方には…。
全日本が強くなることで、V・プレミアリーグも自ずと注目されるはずですし、もっと全日本の格が上がり、「全日本の選手になりたい!なるぞ!」という選手が増えるはずです。まずは大きな部分―全日本の変革に手をつけていくべき。その為にはV・プレミアとのより一層の連携なくしては成り立たない。このまま放置しておくと、更に“日本では体験できないサーブ”が飛んでくるようになるのは疑いようもありません…。

↓その他のブログでバレー情報をGET!

人気blogランキング
ブログ村ランキング


関連記事→ばれにゅ☆どっとねっと

[2007/11/28 01:16] | 男子ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<W杯 男子大会 9日目 日本戦結果 =アメリカ相手に奮闘するも、やはりアメリカに敗れる= | ホーム | W杯 男子大会 第7日 結果一覧=日本、手痛いストレート負け・・・どこか歯車が合わず=>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://volleyinformation.blog130.fc2.com/tb.php/27-ae9931bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。