スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
眞鍋JAPAN 2011 始動 ~登録メンバー24名決定
【随時更新中】

先日発表されたメンバーをまずは確認していきたいと思いますね^^

世界バレー銅メダルメンバーはそのまま残っています。そのメンバーといえば...

【セッター】
竹下 佳江
中道 瞳

【ウイングスパイカー】
木村 沙織
江畑 幸子
山口 舞
石田 瑞穂
栗原 恵
迫田 さおり

【ミドルブロッカー】
井上 香織
山本 愛
荒木 絵里香

【レシーバー】
井野 亜希子
濱口 華菜里

【リベロ】
佐野 優子


この14名ですね。このメンバーに加えて新加入含めて10人が登録されました。

【セッター】
松浦 麻琴  ★
中大路 綾野 ★
宮下 遥

【ウイングスパイカー】
狩野 舞子
新鍋 理沙  ★
石井 優希  ★
堀川 真理  ★

【ミドルブロッカー】
石川 友紀
岩坂 名奈

【リベロ】
座安 琴希 ★


以上、10名です。新選出には★マークをつけました。

このメンバーを見て、皆さんどうお感じになられたでしょうか。

管理人個人としては、突然チーム雰囲気を変え始めて、それまでのスピードと変化、-2といったテーマもどこかへ吹き飛んだ4年前のY本JAPANとは違って、世界選手権で目指したバレー+αをしていきたいという重いが読み取れました。もちろん、昨年は冒頭のメンバーで、世界選手権で銅メダルを取ったわけですから、変にいじってしまうと逆に崩れてしまう可能性も考えられるので、当然そうなるでしょう。

セッターに関しては、今年・来年はファーストセッター:竹下、セカンドセッター:中道 は変わらないでしょう。中大路選手、松浦選手は残念ながらどういった選手かはわからないですが、宮下選手も含め、これからを見据えたときの候補メンバーという感覚を覚えます。そういえば、昨年呼ばれていた松浦寛・富永両選手はロンドンに向けてのメンバーとしては見切られた、そう考えて良いでしょうか。そう考えるとそれでも呼ばれている宮下選手には眞鍋さんも期待していることの裏返しですかね。まあ、まだ若いですから成長の伸びしろを買っての選手でしょう。
後は、昨年の海外遠征でどの程度このセッター陣を使っていくか。注目したいですね。

ミドルブロッカーは、正直今の段階で「井上・山本・荒木」で確定だと思います。2006年に初召集された石川選手がどこまで世界を意識できているか、その高さから若手有望株として期待され続けている岩坂選手がどこまで成長したかにもよりけりだとは思うものの、世界バレーのメンバーが昨年以上に決定力を上げること、より精度の高いコンビを確立することが重要だと思うので、ミドルブロッカーはロンドンまで下手にいじらないほうが良いかもしれません。

が、井上選手が怪我をした、とどこかでちらと見たような気がします。特に大事になっているような感じではないので、安心していますが、彼女のブロック力に昨年救われましたし、欠かせない存在であることは間違いないのでパフォーマンスがどうなっているのか気になるところです。

そして、管理人が最も注目・期待しているのが【ウイングスパイカー】です。

まず、狩野選手がどこまで動けるようになっているか、です。2月か3月のバボチャンネルではジャンプがまだ飛べていないとの指摘が眞鍋監督からありましたし、万全ではないとの見方が今は強い。また、彼女にはどうしても“怪我”の印象が強く、安心して起用できるか、し続けられるかという点で正直不安です。
ただ、その高さ・守備力・機動力を見過ごすことはもったいないので、海外遠征から積極的に起用し、今のチームにフィットするか試してほしいです。

また、「守備」強化を図る眞鍋JAPANにとって、今回の召集で管理人が最も期待している久光からの2人、新鍋選手と石井選手。

石井選手は膝にやや不安があるらしいので、様子を見ながら調整してほしいところですが、この2人がどこまで世界のバレーに対して対応できるか。。。非常に楽しみです。

間違いなく新鍋選手は、海外遠征で試されるはず。。。コースの打ち分けと守備に定評があるようなので、後は打ち抜ける、打ち切る力があるのかどうか、ぜひ注目してみたいと思います。

堀川選手に関しては、180超えのサウスポー、ライトプレイヤー、トスも上げられる器用さもあることから、今後に期待したいところですが、流石にいきなり最終メンバーに残るのはどうか。予想以上のパフォーマンスを出せるか、ここにつきます。

リベロで召集された座安選手、彼女は正リベロである佐野選手との争いというよりも、井野・濱口両選手に割って入れるか。全日本のリベロはロンドンまで佐野選手で行くべきだと思います。

いずれにしても、昨年のメンバーに何か上乗せできるものはないか、という今年のスタートだと思います。
両レフトをレセプションできるようにするのか、それとも昨年まで同様、ライトの選手がレセプションに入るのか。。。正直後者だと管理人は思うのですが。

そうなると、ライトで、しかもレセプションに入れる選手が限られてくる。山口選手、狩野選手。石田選手も昨年はライト起用構想もあったようなので、彼女もでしょうか。

いずれにせよ、もう少し詳しく考えていきたいところですね^^

少し中途半端ではありますが、本日はここまででお許しください。

次回は世界選手権メンバーを中心に、昨年から何が上乗せできるか等、各選手の特徴だったり、不安要素なども交えながら語っていけたら、と思っています。

それではおやすみなさいzzz

一応、全日本候補メンバーのリンクを貼っておきます。顔と名前が一致しない方はぜひ。

 http://www.jva.or.jp/japan/womens/



にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




[2011/04/30 23:36] | 全日本女子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<全日本女子考察~世界選手権での結果に何をプラスできるか~ 【更新版】 | ホーム | ハリーポッターと死の秘宝 PART1 DVD商法に異議!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://volleyinformation.blog130.fc2.com/tb.php/295-275873d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。