スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ワールドカップに向けて・・・2
今回よく分からないことが結構多いですね。

まず森和代選手の追加招集と同時に合宿メンバーが発表されましたが、以下のとおり。

竹下 佳江
中道 瞳
森 和代
荒木 絵里香
岩坂 名奈
山口 舞
栗原 恵
木村 沙織
迫田 さおり
石田 瑞穂
狩野 舞子
江畑 幸子
新鍋 理沙
佐野 優子
座安 琴希


んで、後日ワールドカップ登録メンバーが発表される形に・・・。
メンバーはこちらをどうぞ。

9/29に合宿参加メンバー、10/7に登録メンバー発表ってどないやねん!!

思わず関西弁になってしまうくらいよく分からん。

JVAなりの「井上選手、山本選手は出ません!」宣言ですか、これ。

おそらく、先に発表された15名から14名選出ですね。1人落ちるんですね。。。

さて、誰になるか。

セッターは竹下、中道で確定。
ミドルは荒木確定
WSは、木村確定

正直、他はとっかえひっかえじゃないと厳しいですね。そもそも確定している荒木、木村もミスが非常に多い。
計算しづらくなってしまっているというきつい状況。

いい意味で裏切ってほしいんですが・・・

アジア選手権では、荒木ー山口のセンターラインと、木村ー江畑のレフト、新鍋ライトが主軸になっていたと思うので、変更があるとすれば、山口を森に、新鍋を山口にってところでしょうか。

でもなあ。

なんか迫力のないチームだなあ。

木村が去年の出来ならそれでも、って感じなんですが。

どうなんでしょう。前記事でもふれましたが、トスを早くしたから木村が調子を落としたのか、そもそも調子が悪いのか・・・。

管理人としては、来年の五輪を考えた場合、やはり井上、山本がいる状態でベストだと思います。
2人とも目指しているバレーのベクトルは分かっていますし、2人が戻ってくるまで、余計な小細工をするのはやめて、とにかく基本の徹底をするべきだと思います。

眞鍋さんの目指すブラジル男子バレーは一旦ほぼ封印して、あくまでも今年のワールドカップは、昨年掲げた①サーブ②サーブレシーブ③ディグ④失点の少なさをもう一度浸透させるべきです。

これを疎かにして、ブラジルバレー完成は無理です。っていうより、去年、4つの世界一を達成できてないですよね?ディグやサーブレシーブは世選のアメリカの方が上だったというデータがあるって実況も言っていましたし、まずはこの4つで世界一を達成できてから、次のステップへと向かうべきです。

で、完璧なサーブレシーブ、完璧なトス回しができる状態のときだけ、超高速バレーを「見せれば」いいのではないか、と思います。

要は一定したリズムで戦うよりも、試合の中でテンポを変えるということですかね。

そう考えると、どんなメンバーで戦うのがベストなのか・・・

この後バイトですので、また後ほどワールドカップに向けて・・・3をアップしたいと思います。


にほんブログ村 その他スポーツブログ バレーボールへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ








[2011/10/13 15:22] | 全日本女子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<全日本女子 初・再選出選手の期待度 結果発表 | ホーム | ワールドカップに向けて・・・1>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://volleyinformation.blog130.fc2.com/tb.php/308-68181aeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。