スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
北京五輪 男子 予選最終日 ×アメリカ =日本有終の美ならず、16年ぶりの五輪幕閉じる=
終わっちゃいましたね・・・。

この結果、日本はB組のエジプトと並んで11位が確定です。

試合内容に関しては、もうアメリカとの地力の差を感じざるを得ない試合展開でした。3セット目はアメリカは2軍的采配でしたし。日本側も日本側で、スタメンセッターはまた朝長に戻していましたが、正直今日も宇佐美でよかったのではないかと。最後なので宇佐美-山本ラインは見せてほしかったなあ、と思いました。山本→ゴリのチェンジではなく宇佐美を先に入れてほしかった。まあ、それでもトスが合わないのならばゴリでもちろんOKだったんですが。また、今日の采配には?と思うところもありました。つまり、勝ちにこだわってるのか、記念的な感じなのか?ということ。まあ、越川選手以外全員コートにたったので、監督は「記念」的な采配をしたのでしょうか。それほど調子の悪くなかった松本→斉藤のチェンジは、もちろんブロック強化もあるんでしょうが、監督の意味ありげな意図も同時に感じました。

今大会、女子よりもメンバー的にもなかなかの面子が揃いましたし、いい流れで最終予選から五輪に来たので(途中WLでごたごたしましたが)、結果的にもかなり期待していたのですが、やはりそう簡単にはいかないものですね。越川選手の心配な故障もありましたし、この記事のように「実力不足」「経験不足」ももちろんあったでしょう。選手からすれば実力を出し切れずに終わってしまったのでしょう。私、確かWC'07の時に「腑に落ちない」という言葉を使った覚えがあるんですが、まさに今の全日本男子バレーは「腑に落ちない」。いい役者も揃ってるし、目指す方向性も間違ってない。しかし「決めきれない」「走りきれない」「結果を出し切れない」んです。ちょっとしたトスミスや、コンビミス、2段の処理ミスやサーブレシーブの乱れから立て直せないような、う~ん、言葉でいい表すのが難しいですが、とにかく「腑に落ちない」。もちろん、今回五輪に「出場した」というこの経験は必ず4年後に活きてくるはずです。しかし、何かしらの上積みが必要。監督続投の意志を植田監督は言っていますが、そういった算段はあるのでしょうか。戦術的な意味も含めてやっと男子はいい波にきているので、女子以上に主要国際大会においてキャリアのある外人監督などを招聘すべきだと思うんですけどねぇ・・・。

ここからまた4年・・・。過ぎたらあっという間ですが、先を見ると長い。今回の経験で前も書きましたが、ゴッツ・越川・ゴリ・福澤のサイドが日本の中心になってくるのは間違いないでしょうから、まずは「コンビの見直し」「2段トスを含めた2段の処理のレベルアップ」「サーブレシーブのさらなる向上」を目指すと共に、センター線をうまく使っていくようにしていきたい。しかし、まずは選手の皆さん、お疲れ様でした。体をゆっくり休めてほしいです。初の五輪出場で精神的にも肉体的にも相当プレッシャーがあったはずですから。特に越川選手の怪我は心配です。半月板損傷・・・でしたっけ?べねずえら線の際には既に皿が割れて血が出るほどの大怪我。まずはその治療を完璧にしていただきたい。4年後の男子には必要な選手のはずですからね。

さあ、男子もいよいよ決勝ラウンドです。また組み合わせetcなどは追って更新したいと思います。どこが優勝するか、楽しみですね☆

全日本男子、4年後に向けてまたさらなるレベルアップを祈って・・・

頑張れ!ニッポン!!

=PoolA 試合結果=

ブルガリア 3(23-25 25-19 25-16 25-22)1 ベネズエラ
イタリア  3(25-17 25-23 21-25 20-25 16-14)2 中国
アメリカ  3(25-18 25-12 25-21)0 日本
↑イタリア×中国、危うい展開でしたね、イタリア。しかしやっぱり勝つところがイタリアと日本の差かなぁ。

☆順位☆
1.アメリカ  (5勝   1.240)
2.イタリア  (4勝1敗 1.095)
3.ブルガリア (3勝2敗 1.014)
4.中国    (2勝3敗 0.904)
5.ベネズエラ (1勝4敗 0.933)
6.日本    (5敗   0.875)
↑五輪前は4位のところに「日本」の文字がある予定でした・・・。残念ですね。

=PoolB 試合結果=

ブラジル  3(25-22 25-21 25-23)0 ドイツ
ポーランド 3(17-25 26-24 24-26 25-23 15-12)2 ロシア
セルビア  3(25-16 25-13 25-17)0 エジプト
↑ポーランド、予選最終日にロシアを逆転で制しました!さあ、いよいよ準々決勝の幕開けです。

☆順位☆

1.ブラジル  (4勝1敗 1.145)
2.ロシア   (4勝1敗 1.110)
3.ポーランド (4勝1敗 1.074)
4.セルビア  (2勝3敗 1.002)
5.ドイツ   (1勝4敗 0.950)
6.エジプト  (5敗   0.704)
↑ポイント率でわずかにロシア、ポーランドを上回ったブラジルが1位通過。ロシアは今日勝てていれば1位通過だっただけに悔しいでしょうねぇ。ってか星のつぶしあいだったんですね、ロシア・ブラジル・ポーランドは。レベルが高すぎます・・・。(^^;)


人気ブログは→ここ←でチェック☆ 
[2008/08/19 04:22] | 男子ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<北京五輪 男子 準々決勝 組み合わせ | ホーム | 北京五輪 女子 予選最終日 結果一覧&準々決勝組み合わせ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://volleyinformation.blog130.fc2.com/tb.php/67-9cfc3e7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。