今更ながら・・・ 全日本男女両監督決定 だがしかし・・・?
いや、一番気になっていたのがこれですね。

男子が植田監督。まあ、これはほとんどの人が予想していた通りというか、16年ぶりに全日本男子を五輪に導いた訳ですから実績的には妥当なところでしょうか。ただ、以前記事でも取り上げた(?)はずの、山本選手のブログ・・・、ん、いや取り上げていなかったんですかね??最後の最後で迷采配をした植田監督にやるせない気持ちを自身のブログで語っておられました。今まで頑張ってきた結果を出したいにもかかわらず、若手に経験を積ませる大会にされたことに対しての不満でした。そんなこともあり、若干植田監督のこれからに不安がよぎったりもするんですが、とにもかくにも管理人的には植田監督がアテネ後の“晶ちゃん化”にならないかどうかを注目したいな、と。

さて、物議を醸してるのがやっぱり(?)女子の方。まずはこんな記事。なんじゃそりゃ。まあ、監督公募の形を取っていながら、実は“出来レース”だったなんて声もささやかれてますね。ほんでこれ。何々、当初はデンソー監督の達川実氏が第一候補だったのにもかかわらず、現場の声を無視して久光の真鍋氏に決定した、と。うむうむ協会ならばやりかねん。記事では、報道の責任に転嫁してますけど(苦笑) これも同じ内容ですね。
全く、協会は何やってんですか。日本が強くなるためには全日本だけの独立国家じゃまるで意味ないんだってば。プレミアの監督や関係者と一緒になって、同じベクトルに向いて、初めてロンドン五輪に挑める、戦えるんです!プレミアとの相互関係を構築した上で、フィジカル面での強化や日本バレーそのものの目指す方向性をある程度固めないと・・・。また柳本体制のときのように、呼んでも選手が来てくれないような、何の誇りも地位もない全日本になっちゃいますよ~ってここでいくらいちファンが叫んでも協会には届かないんですね。。。

まあ、タイトルどおり今更ながらなんですが、今年元旦付けの両監督のコメントはこちらから。まあ、それができたらいいんだよね、ということを両監督とも改めて語ってくれていますが、女子の方のレシーブはともかく、“ブロック”は至上命題。キルブロックとまではいかなくても後衛の負担を減らすようなブロックであるとか、コースを読んでのワンタッチ目的のブロックなど、ブロック強化は一番に優先すべきこと。それなのに一番にもってきたのがやっぱり“レシーブ”。晶ちゃんバレーを見てきた方なら優先順位は明白。1にブロック2にブロック。ブロックありきのレシーブ強化を目指してほしい。闇雲な3人レシーブをするくらいなら、必ずブロックをつけてのレシーブ練習にしたほうがいいと思うのは管理人だけでしょうか。

この監督騒動、そして男女ともに目指すべきバレースタイル。皆さんの意見などあればお聞かせください。


人気ブログなら・・・→ここ←!!
[2009/01/31 19:07] | 全日本女子 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<女子 WGP’09 決定事項 | ホーム | ブログ再開しますッ!!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://volleyinformation.blog130.fc2.com/tb.php/86-87b9fd1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |